カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 治療 >
  5. 高血圧の漢方治療ってどんなの?

生活習慣病

高血圧の漢方治療ってどんなの?

 

漢方では同じ高血圧治療といっても、各個人の証(体質)に合わせた漢方薬を選びます。その結果、原因の違いに応じた根本的治療が行えます。リバウンドの心配もなく、体質に合わせることで副作用も最小限に抑えられます。

 

以下では、様々な漢方薬による治療法をご紹介します。

 

◆実証型の高血圧

・がっちりした体格

・のぼせが強く、顔面が紅潮する

・強い頭痛、頭のふらつき

・めまいや動悸、肩こり

・口の中に苦味があり、舌苔は黄色をしている

・尿の色は濃い黄色で量が少なく、大便は硬くて出にくい

・冷たい水が飲みたい

などといった熱の症状があるタイプには、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)降圧丸を用います。

また、便秘しない場合には黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を用います。これらの処方は熱を冷ます力が大変強いので、冷えに弱かったり体力がないといった方にはお勧めできません。

 

また、目の充血や目やになどがある場合には、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)が使われ、肥満のある場合には防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)大柴胡湯(だいさいことう)を併用します。

 

◆虚証型の高血圧

・頭のふらつき

・持続性がありセミの鳴くような耳鳴り、耳のつまり感

・目の疲れ

・足腰のだるさや痛み

・口の中の乾燥

・気分が落ち着かずイライラする

・のぼせやすい

・寝付きが悪く眠りが浅い

といった症状が見られる虚証型の高血圧には、肝腎を補強しながら精神神経に生じている興奮を鎮める処方を選ぶのが主流となっています。

 

 

◆肝鬱型・ストレス型の高血圧

・普段からイライラしやすく怒りっぽい

・寝付きが悪い

・胸や上腹部がつかえる

・よくため息をつく

などといった症状がみられるこの肝鬱型・ストレス型の高血圧ですが、女性の場合ですと月経不順や月経前緊張症候群などの症状がみられます。

 

漢方薬は抑肝散(よくかんさん)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)などの中から体質にあったものを選びます。

 

◆オ血(おけつ)型の高血圧

漢方でオ血(おけつ)と呼ばれる血行不良を除去するために、血液をサラサラにして血行を促進するために活血化オ薬を使って治療します。

 

代表的な活血化オ薬には、漢方製剤の冠元顆粒や冠丹元顆粒が挙げられ、また薬草では丹参、紅花などがあります。

 

また、漢方薬と降圧剤は飲み合わせになりませんから、現在服用している降圧剤を併用しながら少しずつ時間をかけて高血圧体質そのものを改善することをお勧めします。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349551.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

かつての高血圧治療

現在、突然死に至る脳卒中や心筋梗塞は高血圧によって引き起されるものであることが...

高齢者だからこそ高血圧への治療が必要!誤解されていた認識

    ■高齢者になれば血圧が高いのは当然であり、治療の必要は無いという間違っ...


ストレスからくる高血圧が増えている!?ストレス高血圧の治療にはストレスコントロールが必要!

  高血圧の原因にはいろいろとあります。生活習慣病ですからそれまでの生活の中で...

高血圧緊急症での血圧を下げる方法とは?

  ◆高血圧緊急症とは まずはじめに高血圧緊急症とは、血圧の急激な上昇に...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る