カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 足・股関節 >
  5. 子宮筋腫があるかも?生理になると股関節が痛む

女性のカラダの悩み

子宮筋腫があるかも?生理になると股関節が痛む

生理がくると、下腹部の生理痛や吐き気など体調不良に悩まされます。これらは卵巣から分泌される黄体ホルモンの影響と言われていますが、ひょっとしたら別の大きな病気との関わりがあるかも知れません。

 

生理中の股関節痛に悩んでいる人は、子宮筋腫を疑ってみる必要がありそうです。

 

【子宮筋腫とは】

子宮に発生する両性の腫瘍で、30才以上の女性の20~40%は持っているとされています。

 

筋腫になる前の核は誰でもあるのですが、30才を過ぎたころから次第に大きくなり、子宮や卵巣など周りの臓器を圧迫し始めると、流産しやすい状態になったり不妊症の原因ともなるので治療が必要です。

 

また全体の0.5%ほどが悪性腫瘍(子宮がん)へと変化します。腫瘍そのものは痛みや炎症を発症するものではないので、何も感じていない人がほとんどです。本人も気づかないうちに大人の頭ほどの大きさになることもあります。

 

しかし発生部位によっては(粘膜下筋腫など)、痛みや生理不順(経血量が多い、生理が長いなど)などを招きます。

 

<主な症状>

・うつぶせ寝や寝がえりをすると、お腹がつかえる感覚

・便秘、頻尿など

 

【股関節痛との関係】

筋腫が大きくなるにつれ、骨盤神経を圧迫してしまうと、股関節痛を引き起こす場合があります。また生理中は骨盤が少し開くため、その影響で骨盤神経を刺激してしまうこともあります。

  

【治療について】

子宮筋腫自体は悪性のものではないので、大きさや場所が問題なければ経過観察だけで様子を見ます。しかし強い月経困難症やこぶし大以上に肥大化してしまい生活に支障をきたす場合は、手術が必要です。

 

このような状態に該当しなくても、生理のたびに感じる痛みがひどく、我慢できない時は医師へ相談してみましょう。

 

~女性ホルモンとの関係~

子宮筋腫ができる原因は、いまだ特定されていません。しかし更年期を迎えた女性が閉経後に筋腫が小さくなることから、女性ホルモン(エストロゲン)が関係しているのではないかと言われています。そのため昔は男性ホルモン投与によって治療していた時期もありました(現在は廃止)。

(photo by //www.ashinari.com/

著者: kaoruさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足・股関節に関する記事

生理で足が痛くなるって珍しいこと?

  生理痛の症状は体のどこかが痛い、重い、めまいがする、のぼせる、などの...

生理中の股関節痛、骨盤との関係とは?

生理の時に下腹部以外にも腰や腰回りなど全体的に痛むことも。生理になると女性の...


足首を回して生理痛を撃退

    生理痛は人によって感じ方も感じる場所も異なります。 例えば、足や股...

生理痛が足にくる…?「足の生理痛」その解消法をしっておこう!

生理痛といえば、その症状は腹痛や腰痛が代表的ですね。ですが、なかには足が痛く...

カラダノートひろば

足・股関節の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る