カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. 高血圧緊急症ってどんな病気?早期に治療をして命の危険を回避!

生活習慣病

高血圧緊急症ってどんな病気?早期に治療をして命の危険を回避!

 

◆高血圧緊急症とは

悪性高血圧とも言われている高血圧緊急症とは、血圧の急激な上昇により、すぐに降圧治療を開始しなければ脳・心・腎などの臓器障害が起きてしまう状態、もしくはその状態が進行しつつある状態のことをいいます。

高血圧性脳症、脳出血、進行性腎障害、急性肺水腫などの症状を一緒に生じる場合が多く、急性心不全や眼底出血などの症状も見られます。

 

高血圧を患っている患者さんの約200人に1人くらいの割合で発症することがあり、放置しておくと死に至る場合もあります。

 

・どれくらいの血圧から用心が必要?

収縮期血圧俗に言うところの上の血圧が210mmHg以上で、拡張期血圧俗に言うところの下の血圧が130mmHgある場合には注意しなければなりません。

 

・どういう初期症状?

初期症状としては頭痛や嘔吐、悪心といったものが挙げられます。

また、頭痛に関して言うと、安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。頭痛薬で痛みを抑えたところで根本的原因の解決にはなっていません。ですから、生活習慣や体の歪みなどを改善することで原因を取り除いてあげることが一番効果的と言えるでしょう。

 

視覚障害も起こることがあり、進行すると意識を失ったり、痙攣を起こしたりと重度な症状も伴います。

 

・その他の危険な症状

心筋梗塞脳卒中が起こることもある高血圧緊急症は、とても危険な病気であることが分かります。また、腎不全や心不全なども起こることもあるそうです。

 

 

高血圧緊急症は、早期に治療をすれば命の危険を回避することが出来ます。また、若い方が発症しやすい病気であるとも言えますので、若くして高血圧になってしまった場合には特に注意して下さい。

 

下の血圧が130mmHg以上ある場合には、できるだけ早く精密検査を受けることをお勧めします。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/31-375823.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

高血圧による頭痛の症状、急な痛みには要注意!

  高血圧の症状はこれといったものが無く、頭痛やめまいなど風邪や疲れでもお...

高血圧によって起こる「耳鳴り」、改善するためには早期の処置が不可欠!

  若い人の血管というのは弾力があって、血圧の変化に柔軟に対応できる力を持って...


サイレントキラー!?高血圧の症状はわかりづらい

 ◆高血圧は症状がわかりづらい 血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力の...

高血圧の症状を抑える!気温や心理状態、日常生活での対策

血圧は1日の中でも変動しており、気温や心理状態によっても変化しやすいものです...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る