カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 喘息 >
  5. 【咳喘息】咳が出る原因になるものとは

気になる病気・症状

【咳喘息】咳が出る原因になるものとは

慢性的に出る咳に悩まされる咳喘息ですが、これは気道が刺激物に対して敏感になっており、炎症を起こしやすい状態になっているものです。炎症の原因となる物質には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

■咳の原因となるもの

○ホコリ(ハウスダスト)

咳喘息の原因ははっきりしていない部分も多いのですが、アレルギー体質の人に発症することが多く、アレルギー性の炎症であるとも考えられています。アレルギーと同様、ハウスダストやダニやカビ、花粉などで咳が出やすくなります。

 

○気温差

暖かいところから寒いところにでたり、熱く湯気のたっているラーメンをすすった時など、吸い込む空気に気温差が出た時に咳が出やすくなります。

 

○会話

少し長めに話すだけでも刺激となり、咳が出ることもあります。

 

○匂い

香水の香りがすると、咳き込んでしまうこともあります。また、最近では香りの強い柔軟剤が多く出ており、他人や自分の洋服から漂う香りも刺激となることがあります。

 

■夜間から明け方に酷くなる理由

布団に入ってから咳が酷くなり、明け方までよく眠れなかったという経験がある人も多いと思います。原因は解明されていないのですが、いくつかの説があります。

 

○副交感神経が優位になるため

睡眠時などリラックスしている時は副交感神経が優位になります。これにより気管支も収縮しやすくなり、咳が出やすくなります。

 

○布団のほこりを吸い込むため

布団に入ると、そのホコリやダニなどを吸い込みやすくなると考えられます。

 

○横になるという姿勢

横になると鼻水や痰がのどへ流れやすくなり、気管に絡んだり吸い込みそうになるため咳が出やすいのではと考えられます。

 

刺激物を避けるため、マスクをしたり換気をするなどの対策が必要になります。また、夜間は咳を悪化させる要素が昼間よりも多いので、よく眠るためにも布団をこまめに干したり、少し上体を起こし気味にして横になるなどするとよいでしょう。

 

悪化すると気管支喘息に移行してしまい完治が困難になりますので、予防を心がけていきましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

「ハチミツ」を使用した咳喘息の対処法とは

風邪をひいたあと、咳だけがあとに残ってなかなか治らないことがあります。まだ風邪...

喘息の診断に使われる検査、気道可逆性試験!気道可逆性試験では何がわかるの?

  気管支喘息の患者数は200万人を超えるとも言われており、けして珍しい病気で...


気管支拡張剤や吸入ステロイド~咳喘息の治療と薬の話~

  咳喘息と診断された場合、薬での治療が中心となるようです。どういった薬が...

咳喘息は気管支喘息の前段階?!咳喘息の治療とは

  咳喘息は気管支喘息の前段階といわれていますので、しっかりとした治療が必...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る