カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 喘息 >
  5. 咳喘息は気管支喘息の前段階?!咳喘息の治療とは

気になる病気・症状

咳喘息は気管支喘息の前段階?!咳喘息の治療とは

 

咳喘息は気管支喘息の前段階といわれていますので、しっかりとした治療が必要になってきます。まずは病院へ行き、薬を出してもらったり指導を受けたりしましょう。

 


■治療方法


風邪などの感染症のあとに咳だけが残り、1ヶ月以上続くようであれば病院でみてもらうようにしましょう。呼吸器科やアレルギー科、耳鼻咽喉科を受診すると良いでしょう。薬での治療の場合、気道などの炎症をおさえる吸入ステロイド、狭くなりがちが気道を広げる気管支拡張薬が用いられます。この2つが混ざった薬を使う場合もあるようです。普通の咳止めや風邪薬は効きませんので、自己判断で薬を飲まないようにしましょう。

咳喘息の診断は問診が重要になります。胸の音を聴いてもゼーゼーという音がしないこと、咳が出ている期間やタイミング、他にも症状があるかなどを調べます。

また、咳喘息以外の病気が原因ではないか調べるため、レントゲンで検査する場合もあります。また、呼吸機能を測定する検査により、肺の機能が低下していないか調べることもありますが、咳喘息の場合は低下が見られないようです。他にも採血をしたり、痰を採取して細菌やカビなどの検査をすることもあります。

 


■経過


薬による治療で1週間程度で楽になりますが、再発を繰り返すことが多いようです。気管支喘息に移行しなかった場合でも、風邪をひいたり空気が悪いところに行ったりすることで、咳が出始めるといった状態が何年も続くことがあるようです。しっかり治るまで治療を続けることが大切ですので、咳が出なくなったからと言って医師の指導なしに薬をやめてしまわないよう注意しましょう。

 


主に薬での治療になりますが、日常生活でもホコリをためないよう掃除をこまめにしたり、温度差に気をつけるといった注意が必要です。最初の段階でしっかり治しておけるよう心がけましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349559.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

症状でみる咳喘息と気管支喘息、アトピー咳嗽の違い

  感染症にかかったあとなどに、咳がいつまでも残っていると、咳喘息と診断さ...

止まらない辛い咳…咳喘息の対処法とは

  咳喘息は、ちょっとした刺激でコンコンと乾いた咳が止まらなくなることが多...


気管支喘息には予防治療が大切

  気管支喘息の治療は最近になって変わってきたと言われています。気管支喘息の主...

【咳喘息】咳が出る原因になるものとは

慢性的に出る咳に悩まされる咳喘息ですが、これは気道が刺激物に対して敏感になって...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る