カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 基礎知識 >
  5. おりもの、ニキビ、軽い頭痛…初潮の前兆いろいろ

女性のカラダの悩み

おりもの、ニキビ、軽い頭痛…初潮の前兆いろいろ

 

 

小学校高学年になったら、いつ生理がきてもおかしくないと考えて準備を整えておきましょう。

 

【初潮が起こるまで】


身長145cm・体重42kgを超えたころ、子宮や卵巣もある程度成長して、脳の指令を受けて女性ホルモンを作れる環境が整ってきます


ちなみに女性ホルモンは脂肪組織の中で作られているため、体脂肪(コレスレロール)にも重要な役割があり、体脂肪率17%ほどで初潮を迎えやすいと言われています。

初潮後しばらくは「無排卵月経」が続き周期も不順ですが、4~5年で排卵周期が整ってきます。

18才までに初潮がこない場合原発性無月経の可能性があるので産婦人科を受診して下さい。

 

 

【初潮の前兆】


おりものが出る(下着が汚れる)
がふくらむ
・体つきが丸くなる、太る
髪質肌質が変わる(良くなる・悪くなる)
ニキビが出る
微熱が続く
頭痛が起こる

 

エストロゲンは女性の身体を、丸みを帯びた女性らしい体型に変化させます。バストの発達や体型、肌質が変わるのもその影響です。
また脳内で性腺刺激ホルモンと神経伝達物質セロトニンの分泌が比例していて、初潮前のエストロゲンが増える時期にセロトニンの分泌量も上下されるため、脳の血管や神経を刺激することで頭痛を発症することもあります。

 

 

~鼻血が出る?代替出血とは~
生理前のホルモンバランスの乱れから、鼻の粘膜が弱り鼻血が出やすくなることがあり、これを代替出血と呼ばれています。

初潮の頃は生理痛が重い場合もあるので、あまり無理をせず苦しい時は学校を休むなど体調に合わせる必要がありそうです。

 

(photo by //www.ashinari.com/2013/01/14-375069.php?category=28

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

30代後半から経血の量が減った?年齢と共に経血の量って変化するものなの?

35歳から高齢出産といわれるように、女性の体は35歳ごろになるとだんだんと変...

どうして生理が終わらないの?終わらない生理、もしかしたら初期流産の可能性があるかも…

生理の経血がいつもより量が多く長引いて終わらない。なんだか変だな?と思ったら...


生理後半に起こる「生理痛のような痛み」の原因は?他にはどんな症状が?!

生理が終わりに近づくにつれて、お腹が痛くなってくる生理痛があります。 ある...

若い人は生理痛が重い!って本当に?その理由と対策

若い時は生理痛が重いと耳にしたことはありますか?その理由と、対策について紹介...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る