カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. たんこぶかと思いきや血管腫!?その原因とは?

育児

たんこぶかと思いきや血管腫!?その原因とは?

 

生まれた赤ちゃんに多い血管腫ですが、はじめはたんこぶと勘違いされる人が多くいます。
いつの間にこんなところをぶつけたのだろう?と思っていると、実は血管腫だったというケースがあるのです。
血管腫には種類があり、見た目はたんこぶのようなものからイチゴのように赤みで隆起のあるものまで様々です。


血管腫の種類


●イチゴ状血管腫

血管を構成する細胞が増殖することで、真っ赤でイチゴのようなあざができます。
出生時にわずかに赤いか無症状です。生後数週で急速に隆起し、大きくなります。
表面がこぶ状に隆起するものが3割程度で、6割近くは軽度に隆起または隆起しません。


●赤ぶどう酒様血管腫


イチゴ状血管腫とは違い、細胞の増殖を伴いません。
血管の構造上の異常からなるものなので、血管奇形と呼びます。
生まれつきであることが多く、その後大きく変化することはありません。
顔面に多く発生し、子どもの成長に比例して面積を増しますが、それ以上に拡大することはありません。
注意が必要なのは、眼の周囲にある場合です。
緑内障などの眼症状やてんかんなどの脳神経症状を合併することもあるので注意が必要です。
 

ほとんどの血管種は問題がなく、成長と共に消えていきます。
しかし、先述したとおりの眼や神経、下肢への影響が考えられる場合は、精密検査が必要です。
主に顔や首のの血管腫は脳や眼の検査を重点的に行われます。

 

血管腫が気になる場合は?


乳幼児の検診時に医師へ相談することをオススメします。
そんなときは、こんな項目をあらかじめチェックしておくと良いでしょう。
・いつごろからでき始めたか?
・どのくらいのスピードで大きくなったか?
眼や首の気管の近くにできているものは、緊急性を要することもあるので、早めに受診することをオススメします。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2012/08/08-366740.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

ただの切り傷だと思ってたのに!恐ろしい切り傷の後遺症

切り傷は、生きていれば2度や3度は誰でも経験します。ですので子どもの切り傷に...

のどに異物が入った時は?

喉に異物が入るということも、子どもと暮らす中では十分考えられます。   ●喉に...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る