カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 知っていますか?交通事故の後から出てくることが!むちうちの症状と治療法 

気になる病気・症状

知っていますか?交通事故の後から出てくることが!むちうちの症状と治療法 


事故などで起こりやすいむちうち。医学的には、外傷性頸部症候群または頸椎捻挫と言います。
むちうちは、一般的に自動車での事故に多く、首の部分やその周辺の打ち身や捻挫、骨折、頭部外傷によるものとされています。
むちうちになる理由は、事故などで全身に強い衝撃が加わり、頭と胴体が別の方向に揺り動かされるからです。
強いS字形の動きによって、首の周辺を痛めてしまい、さまざまな症状が出現するのです。

 

むちうちは経過観察が重要


むちうちの怖いところは、事故にあったその日に症状がでにくいところです。
翌日または数日経過した後に、何かおかしいな?というように症状が少しずつ出現します。
●首筋や背中、肩のこりなどの痛み
●耳鳴り
●頭痛
●めまい
●吐き気
●食欲不振


一般的に多いのがこれらの症状です。普段とちょっと違う症状が出たら要注意です。
しかし、むちうちは医学的に立証されることが難しいのが現実です。
レントゲンで診断ができないのは、そもそも靭帯や筋肉などの障害だからです。

 

むちうちの治療方法はあるの?


むちうちは整形外科でリハビリを受けるなどの理学療法になります。
●マッサージ
●電気療法
●牽引
などが主な治療のための理学療法です。筋肉の緊張をほぐすということが主な目的です。
難治性のむちうちの場合は、症状の緩和を期待できません。軽度であれば、だいたい3ヶ月以内には治り、この期間で治らない難治性は他の療法を検討する必要があります。

首や肩のコリや痛みには、鍼灸も効くことがあります。むちうちで鍼灸治療を受ける際は、健康保険による適用があります。

 

むちうちの治療後にするべきこと


むちうちは一時的に良くなっていたとしても、数ヵ月後あるいは数年後突如再発する恐れがあります。
それは、体の筋肉が衰えるからだといわれています。
むちうち直後は安静が大事ですが、感知後は適度に筋力をつける運動を行わなければなりません。

神経に異常がある場合のむちうちの場合は、痺れなどが伴います。そのため、完治したあとにも必ず検査を受けることをオススメします。

 

(Photo by: httpwww.ashinari.com20120701-364375.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

首に関する記事

ムチ打ちは軽い事故でも起こることがある!

  交通事故をきっかけにしてムチ打ちになる人は多くいます。ムチ打ちは交通事故で...

ムチ打ちで首が痛むだけではない!神経を傷つけて自律神経損傷がすることも!?

  交通事故などで体が強い衝撃を受けた次の日あたりに、その時には体の痛みなどな...


むちうち症になったら気をつけること スポーツによるむちうち

ラグビーやサッカー、ボクシングなどのスポーツはむちうちによる危険がつきものです...

首から肩にかけて痛みが!頚椎症の初期症状とリハビリテーション

肩がこる、首がこる。よくある症状で、多くの人が経験したことがあるのではないで...

カラダノートひろば

首の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る