カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. 肌トラブルは悪玉菌の仕業?!腸年齢が肌年齢を左右する!

美容・ダイエット

肌トラブルは悪玉菌の仕業?!腸年齢が肌年齢を左右する!

 

ニキビや脂浮き、かさつきやくすみ、毛穴など、気になることの多い年齢肌。肌年齢が気になったとき、ぜひ腸年齢も意識してみてください。肌年齢は腸年齢と密接に関係しているかも知れません。

 

 

その肌トラブル、悪玉菌の仕業かも?

腸の中には、腸内常在菌と呼ばれる菌が住み着いており、ひとにとってうれしい働きをするものが善玉菌、あまり歓迎できない働きをするものが悪玉菌と呼ばれています。

 

食生活やストレスなどにより腸内常在菌のバランスが崩れてくると、悪玉菌のつくる毒素が肌に運ばれて、くすみやにきびといったトラブルにつながります。この際、活性酸素も一緒に出てきてしまうため、肌の老化に拍車がかかります。

 

健やかな皮膚は腸内環境から

腸内常在菌のバランスが取れると、新陳代謝が進み、必然的に汗腺や皮脂腺が目詰まりを起こさなくなります。

便秘や下痢が改善されることで、腸が動いて血行が良くなり、冷えが改善したという人もいます。また、ビタミンB群や葉酸が肌の細胞を元気にしてくれます。


こうした効果を得るために、腸内常在菌のバランスをとるためにはどのようなことをすると良いのでしょうか。

 

腸内常在菌のバランスをとるために

タバコやアルコールを摂り放題、睡眠時間はバラバラで食生活も不規則…これでは腸内環境は悪化するばかり。腸内環境を整えるためには、以下のようなことを心がけたいものです。


・適度な運動
運動には、腸の蠕動運動を促す効果があります。


・食物繊維の多い食事

食物繊維は、腸内の善玉菌が活動しやすい環境を整えます。


・善玉菌の補充

乳酸菌やビフィズス菌といった、善玉菌を含む食品を積極的に摂るようにします。


・身体を冷やさない

身体が冷えると、腸の動きが滞りがちになり、便秘や下痢の原因に。肌トラブルにもつながるため、とくに下半身を冷やさないように心がけます。

 

そのうえで、以下のことを心がけると、スキンケアとして理想的といえるでしょう。


・睡眠をしっかりとる
夜22時~2時の間に多く分泌されるホルモンがしっかり出るように、夜は早めに就寝します。


・乾燥を防ぐ
セラミドなどの保水効果の高い美容液やい、保湿効果のあるクリームなどを用いて、肌の乾燥を防ぎます。

 

 

きちんとスキンケアをしているのにちっとも肌トラブルが改善しない…という人は、腸内環境の改善を意識してみると効果を実感できるかも知れません。

 

Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019577.php?category=265

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

美肌成分たっぷり!キレイを作る☆アボカドサーモン巻き

【レシピ】アボカドサーモン巻きアボカドにはリノール酸、リノレン酸が含まれており、...

美肌のためには腸内環境が重要!プロバイオティクスとは?ビフィズス菌の働きについて

美肌のためには腸内環境が重要であることが、近年よく言われています。腸内環境改...


美肌に効果あり☆【白きくらげとセロリのとろとろスープ】レシピ

白きくらげ、鶏手羽先を柔らかく煮たぷりとろの食感の薬膳のようなスープです。手羽先...

オメガ3脂肪酸とはなんのことを指しているの?紫外線対策や高脂血症の解消

  紫外線対策や高脂血症の解消するために、オメガ3脂肪酸というものが注目さ...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る