カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. がん治療に用いられる『アミグダリン』と抗癌剤の代替療法『フコイダン』の効果と危険性とは?

健康診断・健康管理

がん治療に用いられる『アミグダリン』と抗癌剤の代替療法『フコイダン』の効果と危険性とは?

青梅に含まれる『アミグダリン』の危険性

『アガリクス』や『フコイダン』などのように、抗がん作用があると謳われている健康食品は数多くありますが、その中には昏睡や場合によっては死亡など重篤な副作用を引き起こすもの、あるいは民間療法なども存在します。

 

青梅などに含まれる『アミグダリン』という物質もその一種で、体内で代謝されると『シアン化水素(青酸)』を生じます。

 

主に種の部分に含まれている物質で、通常の食事による摂取量では目立った症状は現れないとされています。しかし、アミグダリン抽出製剤によって体内投与されると、上記のように昏睡や死亡などの危険性が指摘されています。

 

がん治療の民間療法や、健康食品としてアミグダリンが販売されている場合があり、注意が必要です。

 

以下では、アミグダリンについての詳細を見て行きたいと思います。

 

アミグダリンとは?

アミグダリン(レートリル)とは、バラ科に属する【アンズ、ウメ、モモ、スモモ、アーモンド、ビワ】などが未熟状態のときに、種子の中心にある『仁』に含まれる青酸配糖体です。種子だけでなく、微量であれば果肉や葉にも含まれています。子供の頃に梅干しの種を割って食べたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

別名『』ビタミンB17』と呼ばれることもありますが、アミグダリンは体内で必須の栄養素ではなく、現在ではビタミンの一種として認められていません。

 

<作用機構>

アミグダリンそのものに毒性はありませんが、果実が傷ついた際に含有酵素の『エルムシン』や人の体内酵素の『β-グルコシターゼ』により分解され、『シアン化水素』が発生します。ミトコンドリアに存在するチトクロムCオキシダーゼという酵素に結合することで、細胞の呼吸を阻害し下記のような有害性を呈します。

 

<摂取による症状>

悪心、嘔吐、頭痛、目まい、血中酸素の低下による皮膚の青白、肝障害、異常な低血圧、眼瞼下垂、神経障害による歩行困難、発熱、意識混濁、昏睡、死亡。

 

<用途>

生薬の材料(杏仁、桃仁など。去痰・鎮咳などの効果がある)、皮膚に塗布で局所麻酔(かゆみ止めなど) 。

 

<副作用を呈する摂取量>

致死量は遊離した青酸の状態でおよそ60mgとされており、この量を満たすためには多くのアミグダリン(未成熟なウメで100?300個ほど)が必要とされている。少量であれば死に至るほどの効果は表れない。

 

アミグダリンを使用したがん治療法と健康被害例について

アミグダリンの抗がん作用については、現在までいくつか臨床検査が行われ、長期間にわたりその有効性について議論が続けられてきました。

 

結果、アメリカ国立がん研究所ではアミグダリンの効果について、『がんの治療や改善、また関連症状の改善や延命にいずれも効果がなく、むしろ青酸中毒をおこす危険性がある』という結論を出しています。

 

また健康食品に対しても、FDA(米国食品医薬品局)は米国内でのアミグダリン販売を禁止しています。しかし、未だインターネットなどの販売は続けられている例が多く見られます。

 

<アミグダリンによる健康被害とは?>

国立健康・栄養研究所の情報によると、アミグダリン摂取によって以下の症例が報告されています。

 

◆65歳の女性が昏睡症状

65歳の肝硬変を併発した肝臓がんの女性患者が、3gのアミグダリンの摂取によって【深い昏睡、低血圧、アシドーシス】を呈した。一旦は意識が回復したものの、重篤な肝障害により死亡。アミグダリンの毒性が肝細胞壊死に関与することが示唆されている 。

 

◆68歳の女性が昏睡症状

68歳の女性がん患者が、3gのアミグダリンを摂取した直後に【昏睡、痙攣、重度の乳酸アシドーシス】を呈し、気管挿管と人工呼吸器の処置を受けた。女性は日常的に1日4800mgのビタミンCを摂取しており、ビタミンCはアミグダリンから青酸への転換を促進するとともに、解毒作用に関わるシステインの体内貯留量を低下させる働きがある。

 

◆32歳の女性がショック症状

32歳の女性乳がん患者が【無反応、ショック状態、固定散瞳】を呈し、6時間にわたる人工呼吸と強心薬の増量によって8時間後に回復。合併症として尿崩症を発現した。女性はがんの転移の治療目的で『ビタミンサプリメント』という名称のアミグダリン含有製品を摂取していた。

 

<抗がん治療法の例>

がんの治療に効果的として、アミグダリンを使用した療法がいくつかのクリニックにおいて見られました。また、アミグダリン含有のサプリメントを個人で使用されている例もあり、注意が必要です。

 

◇IPT療法(アミグダリン抽出液点滴療法)

がん細胞が正常細胞よりも、約16倍も糖を取り込む特性を利用してインシュリン投与で一時的に低血糖状態にし、飢餓状態となったがん細胞にアミグダリンを点滴するという療法。

 

⇒過去にメキシコの病院などで使用されていた療法であるとされているが、現在は米国でその危険性が指摘されており、米国食品医薬品局は関連商品の販売禁止を行っている。

 

◇甜杏仁(アミグダリン含有茶)

インターネットなどで市販されており、副作用による危険性が指摘されている。

 

上記の民間療法や健康食品の紹介文には、アミグダリンの副作用について触れられていない場合がほとんどであるようです。

 

その他の抗がん作用のがあると言われる健康食品(フコイダンやアガリクスなど)に関しても、有効性については確証がない場合や、副作用の症例が見られることもあり、出来る限り公の機関から出ている情報をまずは探してみることが重要です。

 

抗癌剤の代替療法『フコイダン』の効果と臨床試験結果について

抗癌剤の代替療法として期待された『フコイダン』、しかし臨床試験はあまり行われていない

 

『フコイダン』と言えば、抗癌剤を用いなくても、癌細胞の自滅(アポトーシス)を招き、癌を治療できるとして一時期、書籍やインターネットなどで盛んに取り上げられ、現在でも代替療法として多くの人に認知されている健康食品だと思います。

フコイダンとは、昆布やワカメなどの褐藻類に含まれる『ネバネバの成分』のことを指し、このエキスを抽出した『いわゆる健康食品』に属するサプリメントが様々なメーカーから販売されています。しかし、過去に行われた臨床実験の例を見てみると、人を対称に行われたものは非常に少なく、代替医療として用いるには信憑性にかけるところがあります。以下では、フコイダンについての基本的な知識と、その有効性について考えて行きたいと思います。

 

フコイダンの構造と、その効能とは?

フコイダンとは、上記のように昆布、ワカメ、モズクなどの褐藻類の粘質物(ぬめり、ネバネバ成分)に含まれる食物繊維で、L-フコースという多糖類がα-1-2、1-4結合で数十万個繋がった化合物の事を指します。他の多糖類の成分と異なるのは、フコースに硫酸基が付いた『硫酸多糖』であるという点です。フコイダンの本来の役割は、海藻に傷が付いたときに修復する力、もしくは海洋の微生物から身を守るためのガードの役割であると言われています。

 

良く取り上げられる効果としては、

 

『癌のアポトーシス誘導』『血圧上昇抑制』『抗菌・抗ウイルス作用』『アレルギー抑制』『胃潰瘍治癒促進作用』

 

などがありますが、特に抗癌に関する人を対象とした臨床試験が十分に行われていないのが問題のようです。

 

臨床試験結果について

以下では、フコイダンの効能について報告のあった、『抗癌作用』『抗菌作用』『消化機能改善作用』についてご紹介したいと思います。

 

<抗癌作用について>

1)抗腫瘍作用は不明であるが、免疫賦活作用は確認されている。

 

2)腫瘍細胞にアポトーシスを誘導するには、フコイダンでなく『フコキサンチン』が有効。

⇒アポトーシスを誘導するには、『カスパーゼ-3』と言う細胞内の他のタンパク質を分解してアポトーシスを起こさせる酵素の活性化が必要不可欠であるが、この活性化作用は、フコイダンではなく低分子成分である『フコキサンチン』に多く見られるという報告がある。

 

3)腫瘍細胞のアポトーシス誘導が報告されたのは、フコイダンによるものではなく『ヨード』によるものの可能性。

⇒フコイダンと同じく褐藻類から抽出される『ヨード』にも、アポトーシス誘導による抗腫瘍作用が報告されており、これがフコイダン抽出時に混入し、抗腫瘍作用を呈した可能性がある。

 

4)担癌マウスでは、フコイダン投与により生存日数が2倍延長した。

⇒担がんマウスにフコイダンを5%添加した飼料を継続給餌し、生存日数を検討したところ、経口投与群の生存日数は、添加しない通常飼料群よりも約2倍延長した。

 

<胃潰瘍治癒促進作用>

1)胃潰瘍患者6名のうち2名で改善効果が認定。

⇒胃潰瘍の患者6名にフコイダン薬(0.5g/包)1日2回、食間に3ヶ月飲用してもらったところ、2例で潰瘍病変の改善が認められ、4例で症状の改善が認められた。

 

2)ラットにおいては、潰瘍の縮小効果が見られた。

⇒ラットにフコイダンを10日間飲用させたところ、対照群に比べて、潰瘍の大きさが約半分に縮小することが明らかとなった。

 

<抗菌、抗ウイルス作用>

1)免疫細胞である、『NK細胞』や『T細胞』の活性化に関する報告がある。

⇒マウスに、フコイダンを経口投与したところ、ナチュラルキラー細胞やT細胞の活性化が確認されたという報告がある。

 

2)フコイダン飲料を摂取したところ、ピロリ菌の数が半分まで減少した。

⇒ピロリ菌陽性者11名にフコイダン入りの茶飲料(100mg/日)を10日間飲用してもらったところ、ピロリ菌数が約半分まで減少した。

 

<消化機能改善作用>

1)機能性胃腸障害患者の消化機能改善の報告がある。

上記疾患の患者10名を対象とした試験では、モズク由来のフコイダンを500mg/日、2週間摂取させたところ、摂取後3時間で胃内容物の容量が減少したとの報告がある。 

 

 2)フコイダン飲料を摂取したところ、不定愁訴改善作用があった。

⇒不定愁訴の患者10名にフコイダン入りの茶飲料を14日間飲用してもらったところ、飲用後胃運動機能促進作用により、胃の不定愁訴の症状が改善された。

 

最後に

上記の結果のように、最も効果のあると言われていた、『抗癌作用』に関する人への試験が行われていないというのが問題であると思いました。フコイダンを始め、『いわゆる健康食品』の中には一時の爆発的なブームで認知度が広まり、代替医療としての認識と期待を持たれている場合が多いようですが、実際臨床試験の結果などを調べてみると、意外にも根拠となる試験報告がないといった例も数多くあります。

気になっている健康食品があった場合、厚生労働省から出されている信頼できる情報などを元に、購入の前にその有効性について考えてみる必要がありそうです。

 

(photoby:http://pixabay.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康食品・飲料に関する記事

栄養ドリンクを効果的に利用するポイント!副作用が出てしまう場合も!?太る原因や糖尿病の原因にも?

   現在では、さまざまな栄養ドリンクが販売されています。選択肢が増えたのはう...


認知症に有効な『ホスファチジルセリン』、『クルクミン(ウコン)』とは?

『ウコン』を摂取しすぎると、『肝炎』の恐れがある? 今月の(2014年3月...

疲労回復に効果的?『酸素水』、話題のチアシード、生のまま摂取は危険?マジック7とは何?

  『酸素水』は疲労回復に効果的?  近年、疲労回復やダイエットなどに効...

カラダノートひろば

健康食品・飲料の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る