カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 生鮮食品 >
  5. 実は増えてる、出回っている!遺伝子組み換えの生鮮食品の表示方法と見方

健康診断・健康管理

実は増えてる、出回っている!遺伝子組み換えの生鮮食品の表示方法と見方

 

農業の技術のひとつが遺伝子組み換えです。1990年代後半からは世間にも広く知られるようになった遺伝子組み換えの生鮮食品は、もちろん市場にも出回っています。

そんな遺伝子組み換えの生鮮食品の表示方法を見ていきます。

 

●遺伝子組み換え表示を行う生鮮食品

消費者庁が決定した遺伝子組み換え表示の規定の中で対象となっている農産物は遺伝子組み換え食品の流通が認められている大豆(枝豆等含む)、とうもろこし、馬鈴薯、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤです。

これらの農産物を組み換えDNA技術を用いて作った時には遺伝子組み換えの表示を行わなければなりません。

また、遺伝子組み換えの農産物は更に詳しく分かれています。

注目したいのは特定遺伝子組み換え農産物というもので、これは普通の農産物及び遺伝子組み換え農産物とは違って栄養価が高かったり科学的に見た組成に違いがある農産物を指しています。

 

●遺伝子組み換え分別・不分別

遺伝子組み換えの農産生鮮食品の表示では遺伝子組み換え分別・不分別の表記があります。

これは遺伝子組み換え農産物とそうではない農産物を混ぜているかどうかという表示です。

遺伝子組み換え不分別の生鮮食品の場合には遺伝子組み換えの農産物と遺伝子組み換えをしていない農産物が混じっています。

 

●特定遺伝子組み換え農産物の表示

そうではない農産物・生鮮食品に比べると栄養価が高かったり組成に違いのある特定遺伝子組み換え農産物の表示は名称表示の後ろにかっこで表示されています。

とうもろこし(高リシン遺伝子組み換え)などの表記を用いて栄養価や組成にどのような違いがあるかを表示しなければなりません。

 

遺伝子組み換え作物の中で現在日本での流通がある農産物については表示が義務化されています。

特定遺伝子組み換え農産物の場合には特定の栄養素・効果の記載が必要です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/06/24-379434.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生鮮食品に関する記事

輸入の生鮮食品は危険じゃない!?厚労省の輸入食品の安全監視体制を知ろう!

  生鮮食品にしても加工食品にしても輸入食品は少なくありません。中には輸入食品...

出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその1

   果物はそれぞれ保存方法が異なります。今回はよく食べる果物ごとの保存方法に続...


出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその2

   果物はものによってかなり保存方法が異なります。今回は農林水産省のホームペー...

実はそれも回収対象商品かも!生鮮食品の自主回収を消費者が知るための方法

  日々食べる食品の安全性や基準に則っているかどうかは基本的には信頼していると...

カラダノートひろば

生鮮食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る