カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 頭痛で入院することはあるの?

頭痛

頭痛で入院することはあるの?

頭痛がひどくなるといてもたってもいられない、という経験のある方もいます。とは言えども、ほとんどの方がその痛みに耐えているようです。

 

頭痛でも、ほかの病気と同じように入院することはあるのかどうか見ていきます。

 

●二次性頭痛の場合は入院必須

二次性頭痛とは頭痛の裏に病気が隠れているタイプの頭痛です。例えば脳腫瘍、くも膜下出血などの病気が頭痛を引き起こしています。ですので、症状は頭痛だとしても背後にある病巣を取り除かなければいけません。

 

命に係わる病気も多く、入院治療が必須とも言われています。腫瘍の摘出手術やその他の治療のために入院するという方は多いです。場合によっては、数か月の入院が必要なこともあります。

 

●一次性頭痛は基本的に通院治療

一方で片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛などの一次性頭痛は通院治療を行います。というのも、基本は薬物治療と生活習慣の見直し・改善ですので入院がそれほど効果を発揮しないからです。

 

定期的に病院に通って、鎮痛薬や予防薬などを処方してもらうというのが一次性頭痛の一般的な治療方法です。

 

●一次性頭痛で入院する場合

一次性頭痛でも入院する場合があります。例えば、薬物乱用頭痛はその一つです。

 

薬物の乱用を自分自身で止められない、尚且つ医師の指導があっても通院治療では薬物を止められないときは、入院治療でしっかりと薬物を断ちます。

 

また、新しい治療法もしくは特殊な治療法が有効かどうかを調べるときには、機器の関係や治療後の身体の状態の関係で入院することがあります。 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

風邪で頭痛が収まらないとき…髄膜炎の可能性もある!

頭痛の中には背後に危険な病気が潜んでいる場合もあります。それが二次性頭痛と呼...

【ヘルペスに慣れている人も要注意】死亡率20%のヘルペス脳炎

  皆さんはヘルペス脳炎という病気をご存じでしょうか?   「ヘルペス」と...


頭痛と頭痛症って何が違うの?

  誰もが一度はなったことがあるのが頭痛です。ですが、頭痛の他に頭痛症とい...

東洋医学からみる頭痛-肝腎陰虚型の頭痛とは?

  西洋医学とは違った根拠と治療法を持つ東洋医学では、頭痛は5つに分類され...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る