カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 加工食品 >
  5. 勘違いして見ているかも?食の安全を守る!加工食品6つの表示とその内容

健康診断・健康管理

勘違いして見ているかも?食の安全を守る!加工食品6つの表示とその内容

 

加工食品とは流通するときには何らかの加工が施されている食品のことを指しています。

例えば複数の野菜が入った野菜サラダやお総菜などは加工食品の代表と言えます。

食品の表示に関しては加工食品と生鮮食品に分かれており、生鮮食品の表示はばら売りの場合名称と原産地のみで、加工食品は生鮮食品のパック売りと同じように6つの表示が必要とされています。

 

●名称表示

加工食品も生鮮食品と同じように名称表示を行っています。名称はその食品の名前、つまりどんな食品かを知るための表示です。

例えば加工食品の場合は名前がわかりにくいものもありますがそんなときは名称表示を見ればOKです。

 

●原材料名・内容量

加工食品の場合は生鮮食品とは違って一つの食品から出来ているわけではありません。加工の際にさまざまな原材料を使っていることもあります。

原材料名では水以外の原材料がすべて書いてあり『食品添加物以外の原材料→食品添加物』の順で記載する決まりとなっています。

内容量は食品の容量等に関する記載です。

 

●期限表示・保存方法表示・製造者表示

加工食品の表示には期限表示や保存表示、製造者表示もあります。期限表示は消費期限と賞味期限の2種類、保存方法表示ではどのように保存したらよいかを記載しています。

製造者表示では製造者の他に必要に応じて、輸入者、販売者の名前が記載されます。

また、輸入加工品の場合には原産国の表示もあります。食品が加工された最終的な場所が原産国となり、原産地とは異なります。

 

加工食品の表示はばら売りの生鮮食品よりも表示が多く、基本的には名称・原材料・内容量・期限・保存方法・製造者の6つの表示があります。

期限表示は消費期限、賞味期限の2種類に分かれており、製造者表示においては輸入者や販売者の表示をする場合もあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/10/02-382779.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加工食品に関する記事

都道府県が定める自主回収報告制度ってどんなもの?

  食品の安全性を知ることは消費者にとって重要な権利のひとつです。 食品の安...

スーパーのお惣菜、パックされていないものは原料原産地が表示されてないけど、いいの?

   食料自給率の低い日本は、海外から食品を輸入することが多くあります。日本産だ...


加工食品の消費・賞味期限の基準はどうやって決まっているの?

    加工食品の表示のひとつが消費期限・賞味期限に関する表示です。 消費...

『賞味期限延長』による食品の安全性への影響とは?

  『賞味期限の延長』による食品の安全性はどうなるか?   昨年10月...

カラダノートひろば

加工食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る