カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 加工食品 >
  5. 加工食品の消費・賞味期限の基準はどうやって決まっているの?

健康診断・健康管理

加工食品の消費・賞味期限の基準はどうやって決まっているの?

 

 

加工食品の表示のひとつが消費期限・賞味期限に関する表示です。

消費期限と賞味期限という2種類の表示のうちどちらかが表示されなければいけないという決まりがあります。どちらにしても開封後の期限ではなく、開封前の期限です。

 

●賞味期限と消費期限の違い

賞味期限、消費期限はよく似ていますが違いがあります。

賞味期限と言うのは食べるのに適している最後の日までの期限を指しており、賞味期限を過ぎると味が落ちる可能性が高いということです。

ということは賞味期限を過ぎても食べられないわけではない、安全性は保たれているということでもあります。

一方で安全性の期限となっているのが消費期限です。こちらは期限切れのものは食べないのが基本です。

同じ食品なら賞味期限が先に来て、消費期限が後になります。

 

●賞味・消費期限を決めるのは誰?

賞味期限や消費期限については政府の厳格な決まりは存在していません。

期限の設定自体は製造業者が行うので、似たような製品であっても製造業者の判断で賞味期限や消費期限に違いが出るケースも存在します。

賞味期限と消費期限は科学的な根拠・合理的な根拠を以てして食品情報を把握するものが行うという原則は存在します。

 

●表示される食品の違い

加工食品の場合は賞味期限か消費期限のどちらかを表示すればよいということになっていますが、消費期限表示は基本的に長く保存できない食品に使用されることが多いです。

一方で賞味期限は長く保存できる食品に使用されることが多いのが特徴です。

食品名で言えば消費期限はケーキやおにぎりに、賞味期限はお菓子や缶詰に表示されるといった具合です。

 

加工食品の表示義務のひとつが消費期限、賞味期限ですがこれらの期限を決めるのは製造業者です。

消費期限が表示されるのは保存のきかない食品が多く、賞味期限が表示されるのは保存のきく食品が多いです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/08/07-380836.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加工食品に関する記事

「乾燥野菜」は表示がない!?食品表示義務がないものについて知っておこう!

   食の安全が叫ばれる中、実は消費者の方はその表示方法や表示義務についてよく知...

アレルギー患者は要チェック!特定加工食品に注意しよう!加工食品のアレルギー表示

  アレルギーの患者は増加していると言われています。日本国内では全人口の20%...


加工食品の有症事例はどれくらいあるの?

  有症事例というのは食品の中に問題があったことで症状が出た例です。加工食品、...

危険な食材を避けるために知るべき加工食品の食品添加物

  加工食品や生鮮食品など、食品について考えた時に気になることと言えばやはり安...

カラダノートひろば

加工食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る