カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 頭・脳 >
  5. むち打ち…自動車事故で増加中!後部交感神経症候群「バレ・リユウー症状型」とは?

気になる病気・症状

むち打ち…自動車事故で増加中!後部交感神経症候群「バレ・リユウー症状型」とは?

交通事故やスポーツで起こりやすいむち打ち症ですが、後遺症で悩んでいる人が多くいます。
交通事故などの衝撃の大きさに関わらず、小さな衝撃でさえむち打ちになることもあるのです。
私たちは、首から背中にかけての骨で大きな頭を支えています。
事故などにあったときに、首と体の動きが前後に揺さぶられることで起きます。
ちょうど体がS字に動くことが、むち打ちの大きな原因となるのです。

 

そのむち打ちは症状があるにも関わらず、MRIなどの検査で異常がみられにくいのが特徴です。
自然に治癒する人もいれば、長期的にリハビリや電気治療を行っている人もいます。
そして最もこわいのが後遺症です。中でも交感神経に対する後遺症についてお話します。


バレ・リユウー症状型とは?


別名、後部交感神経症候群ともいいます。
むち打ちの原因となる交通事故やスポーツによって、頚椎に沿っている椎骨動脈の血流が低下します。
その血流の低下によって、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。
血流の低下の原因は、主に椎間板や筋肉による圧迫です。血流の低下が交感神経にダメージを与えます。


交感神経のダメージで起こる症状は?

・後頭部や首の後ろの痛み
・めまい
・耳鳴り
・難聴
・眼精疲労

などが主であると考えられていますが、他にもたくさんの症状で悩まれている人がいます。
例えば不眠や食欲の低下、動機などです。
関係がないようですが、交感神経は私たちが生きていく上で重要な神経です。
それがダメージを受けるということは、大変なことなのです。生命の危険に直接害はないものの、生活をしていくうえで困難が生じます。

むち打ち症は、後の生活を制限しなくてはならないような後遺症に見舞われることもあります。
むち打ち症だからといって放っておかず、治療やリハビリ、定期的な検査を継続することをオススメします。

 

(Photo by: httpwww.ashinari.com20120701-364375.php)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭・脳に関する記事

たんこぶの種類と原因… できる場所で名称が違う!

頭をぶつけるとできるたんこぶ・・・。この「たんこぶ」と呼ばれる状態は内出血をし...

交通事故、転落事故…外傷性脳損傷でおこりやすい後遺症について

思わぬ事故で意識を失って、なんとか一命を取り留めたけれど、なんだか様子がおか...


症状の重さで違う!外傷性脳損傷の治療方法 2割は入院、8割は軽度の患者…治療法は?

外傷性脳損傷の治療は、まずはとにかく生命を維持することが最優先ですので、二次傷...

外傷性脳損傷の後遺症はどんなものがある?日常生活に与える影響

外傷性脳損傷とは、事故などの外傷によって脳を損傷した状態で、さまざまな後遺症の...

カラダノートひろば

頭・脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る