カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. むちうち症になったら気をつけること スポーツによるむちうち

気になる病気・症状

むちうち症になったら気をつけること スポーツによるむちうち

ラグビーやサッカー、ボクシングなどのスポーツはむちうちによる危険がつきものです。
事故によるむちうちも同様で、ムチをふり下ろしたときのような首のしなりが発生原因です。

首の異変を訴え病院を受診しても骨には異常がない場合は、むちうちであることがほとんどです。
初期症状としては、首や背中の痛みや頭痛が多いです。
むちうちの初期に必ずしなくてはならないのは、病院を受診し骨の異常を確かめることです。
そしてむちうち症と診断された場合は、安静にしましょう。

 

むちうちを起こして数ヵ月後に気をつけること


むちうちの最大の特徴は、症状の一進一退です。
つまり、治ったかと思って油断していると、症状がぶり返し、長期間にわたってしまうのです。


症状が治まった後も下記のような症状があれば、必ず病院を受診しましょう。

・痛む場所が変わる、広がる
・少し体を動かしたり、仕事をすると症状が悪化する
・天候の変化や寒さで症状が悪化する
・夕方や朝方の痛みが悪化
・集中力がなくなる
・頭痛や吐き気がする
・物事に無気力になる
・不眠症になる
これらはむちうち症の後遺症の一部です。


人によって感じ方も違い、仕事をしていくのさえ困難になるほどの後遺症に悩まされる人もいます。
うつ病のような精神的な後遺症痛みをぶり返す肉体的な後遺症が、むちうちの一番怖いところです。

むちうち症になったら、まずは初期の治療をしっかり行いましょう。
安静にし、医師の指導の下の治療を行います。決して無理はせず、ゆっくり長期的に治療プランを立てましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/09/24-027901.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

首に関する記事

ムチ打ちが治らない…生活の中にあるその原因とは?

  自動車事故だけでなくスポーツなどでも引き起こされることのあるムチ打ちを聞い...

スポーツのむち打ち症状にカイロプラクティックがいい理由

むち打ちと聞くと交通事故という印象が強いですが、スポーツでも起こります。サッカ...


ムチ打ちは軽い事故でも起こることがある!

  交通事故をきっかけにしてムチ打ちになる人は多くいます。ムチ打ちは交通事故で...

ムチ打ちで首が痛むだけではない!神経を傷つけて自律神経損傷がすることも!?

  交通事故などで体が強い衝撃を受けた次の日あたりに、その時には体の痛みなどな...

カラダノートひろば

首の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る