カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 症状 >
  5. 交通事故でむち打ちになったら…損害賠償、慰謝料はどうなるの?

関節痛・腰痛

交通事故でむち打ちになったら…損害賠償、慰謝料はどうなるの?

自動車によるもらい事故でむち打ちになってしまった・・・そんな人は多くいます。そしてそのほとんどの人が、事故から数ヶ月の経過後に症状が出たために損害賠償をせずにいるようです。

 

しかし交通事故の場合、損害賠償はできます。

ただし・・・損害賠償請求は難しいのが現実です。

むち打ちというのは、神経症状がほとんどのためレントゲンなどの検査で異常が見つかりにくいのです

 

つまり医師による判断が難しく、自己申告が中心となります。


むち打ちの後遺症は、神経症状から身体症状まで多岐にわたるため精神的・金銭的負担が多いのが現実です。
自己申告であるがゆえに、通院期間などがあいまいになりがちなので、裁判所では損害額の算出方法の基準が用意されています。


通院期間の基準

1年間通院したとしても、むちうち症の場合は少なく判断されます。
通院開始後の6ヶ月間を週3回以上通院していれば6ヶ月として判断されます。
その後6ヶ月は週3回以上の通院でも2分の1でしか判断されません。
つまり6ヶ月+3ヶ月=9ヶ月として判断されます。
そして、入通院慰謝料期間の上限は1年3ヶ月と定められています。

 

後遺障害逸失利益の基準

後遺障害の慰謝料を算出するためには、後遺障害等級を認定されなければなりません。

むち打ちの場合の認定される等級は、14級・12級・9級・7級です。

症状の度合いによって等級が決められます。
計算方法は、弁護士や保険会社にも相談できます。

 

認定までの流れ

流れとしては、自賠責保険会社・任意保険会社が調査を行い認定します。

一度認定された障害からその後悪化したとしても認定が改定されることはほとんどありません。
それは、症状固定といい、その時点に出ている後遺症がその後も改善されないことを想定します。改善または悪化をしたとしても、固定時点の認定は改定されません。


交通事故による怪我が起きたら、保険会社に相談します。
後遺障害がある場合は更に、交通事故に詳しい専門家(弁護士等)に相談することをオススメします。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

首の不調による脊髄症状

  首の骨である頸椎(けいつい)を構成する7つの椎骨(ついこつ)は、のど側にあ...

むちうち症での体の不調が自律神経失調症を起こす危険が!?

交通事故によって起こる、むちうち症。必ずしも、首や背中の痛みを伴うものではない...


頚神経根から全身に広がる症状

    首は頭を支えるという役割のほかに、脳と体をつなげる役割も持っています...

変形性頚椎症や頚椎椎間板ヘルニア…肩甲骨に痛みが出る病気

  肩甲骨に痛みがあり、もんだりストレッチをしても解消しない、首を動かすと痛み...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る