カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. 美しく若々しい肌を保つには腸がポイント!腸年齢を若く保つ方法

美容・ダイエット

美しく若々しい肌を保つには腸がポイント!腸年齢を若く保つ方法

 肌は内臓の鏡ともいわれています。美しく若々しい肌、トラブルのない肌は、健康的な腸内環境なくして保つことはできません。ここでは腸年齢を若く保つ方法についてまとめてみました。

 

腸年齢の老化とは?

腸内環境は、老化とともに悪くなるのが一般的です。人は年を重ね老化すると、運動不足になり、筋力が低下して腹圧が弱くなり、大腸の機能が低下します。

 

また、固いものを食べるのが苦手になったり、蠕動運動が低下したりして、便秘がちになります。すると、腸内にすむ常在菌のバランスが変化し、ビフィズス菌や乳酸菌が減少して、大腸菌やウエルシュ菌などが増加し、「腸内常在菌の老化現象」が認められるようになります。これが「腸年齢の老化」とされています。

腸年齢の実際

近年、腸年齢チェックシートなどで腸年齢をチェックできる機会が多くなりました。こうしたチェックシートを用いたある調査では、

 

・腸年齢が実年齢よりも若い人は、全体の38.5%

 

・肥満の人、ストレスが多い人は腸の老化が進行している

 

・腸年齢の若い人が多いのは、専業主婦、ストレスの少ない人、プロバイオティクスを摂取している人

 

・腸年齢が若い人ほど、腸の健康を気遣っている傾向にある

 

という結果が出ています。

 

腸年齢が実年齢よりも若い人は全体の1/4程度に満たず、ストレスが多く、不規則な生活をしている人ほど腸年齢が老化しやすいことが明らかになっています。

腸年齢を若く保つ秘訣

腸年齢を若く保つためには、以下のようなことを心がけると良いと言われています。

 

・食物繊維の多い食事

 

食物繊維は、腸のぜん動運動を促すはたらきをします。また、普段から食物繊維を摂るよう心がけると、大腸の中でうんちが「ふかふか」な状態となり、乳酸菌などの腸内の善玉菌が活動しやすい環境になります。

 

・冷えの予防

 

お腹には全身の血液の4分の3が集まっているといわれています。しかしお腹から足にかけての下半身は、運動不足な生活や姿勢によって常に冷えがち。お腹やふくらはぎ、ももなどを湯たんぽで温めたり、お腹をマッサージする、靴下やホッカイロを活用してふくらはぎを温めるなどして、下半身の血流を良くすると、肌のトーンが明るくなることもあります。

 

また、

 

・プロバイオティクスを食事に取り入れる

 

・適度な運動を心がけ、こまめに動く

 

・早寝早起き

 

・ストレスをため込まない

 

といったことが、腸内環境の改善に有効と言われています。

 

腸年齢を意識することは、肌年齢も若く保つことにつながるかもしれません。健康のためにも、まずは腸年齢のチェックから始めてみたいですね。

 (Photo by://www.ashinari.com/2012/01/03-355496.php?category=265

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

腸年齢が若いとどんな良いことがあるの?

  肌年齢とならんで、細菌耳にすることが増えた「腸年齢」。腸年齢とは、どの...

たるみ防止で若返り★効果のある食材とは?エイジングケアにはアーモンドが効く!?

 20代のころは、少し無理をしても、夜更かししても、肌へのダメージを受けても...


美肌効果倍増!?オリーブオイルやヨーグルトなどトマトと一緒に食べたい食材

豊富なビタミンCやリコピンが含まれているトマトは、美肌効果抜群です。美肌を目...

コラーゲンぷるっぷる♪手羽先のグリル

【レシピ】手羽先のグリル手羽先は安くてコラーゲンたっぷりな部位です。簡単調理で美...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る