カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 体温 >
  4. 低体温の原因は○○だった!?生活習慣病や不妊症…低体温になりやすい病気とは

健康診断・健康管理

低体温の原因は○○だった!?生活習慣病や不妊症…低体温になりやすい病気とは

近年、体温が36℃に満たない低体温の人が増えているようです。大人だけでなく、子供にも増えてきているとことです。

生活習慣の変化によるものが大きいようです。低体温になると体にどのような症状があらわれるのか、また、どのような病気になりやすいのかを見ていきたいと思います。

 

■低体温の症状

まず、慢性的な手足などの「冷え」があげられます。体温が低いと免疫力もおちますので、風邪をひきやすくなります。冷えも風邪も万病のもとといえますので、あらゆる病気にかかりやすくなります。

また、朝スッキリと起きられない、起きてからもしばらく調子が出ない、という症状があり、学業や仕事に支障をきたすこともあります。さらに生理不順になったり、不妊の原因になることもあります。肩こりや頭痛といった症状が出ることもしばしばです。

 

■低体温になりやすい病気

糖尿病や高脂血症などの生活習慣病にかかりやすくなります。また、不妊症や子宮内膜症など、婦人科系の疾患の一因となることもあります。また、免疫力の低下によりアレルギーの症状がおきることもあります。

低体温の状態では、免疫力も酵素の働きも弱まるため、この他にもさまざまな病気の原因になる可能性があります。そして、病気から回復するのにも時間がかかってしまいます。

また、ガン細胞は35℃代の温度を好み、活発に活動するともいわれていますので注意したいところですね。

 

■病気を予防するために気をつけたいこと

病気になるのを防ぐためにも、熱を生産するのに必要な栄養素を摂取することが重要です。

偏ったダイエットは避け、旬のものを適量食べるとよいでしょう。白砂糖は体を冷やすといわれていますので、食べすぎないよう注意しましょう。

 

また、運動をすることで筋肉がつき、熱の生産量が増加します。ウォーキングなどの軽い運動から始めてみましょう。タバコやお酒も体を冷やしますので、控えるようにしましょう。

 

低体温はあらゆる不調のもととなりますが、改善できれば多くの病気を予防できるということでもあります。

特別な食材やサプリメントやグッズなどがなくても、まずは正しい生活習慣に変えていくことで、根本から改善していけるようですね。

 

(Photoby:足成)

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体温に関する記事

食事から低体温を改善する!積極的にとりたい食材は○○です♪

体温が低くなると、免疫機能や酵素の働きも弱まってしまいます。これによりさまざま...

睡眠中の体温は高い?低い? 適切な体温とは?

体温は人によって違います。ですが、睡眠時の体温は、どんな人でもある程度一定の...


低体温を改善する食事っていったいなに?控えたい食べ物、飲み物は○○!

低体温を改善するためには、食生活に気をつけることが大切です。 いろいろな食材を...

体温はどこで作られるの?低体温を改善するだけで病気の予防になるって本当?

人間の体温は、36.5℃前後が最も適しているようです。このぐらいの体温だと、酵...

カラダノートひろば

体温の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る