カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. その他 >
  5. チョコレートに病みつき・・・止められない!脳に快楽を与える?!チョコレート依存症について

メンタル

チョコレートに病みつき・・・止められない!脳に快楽を与える?!チョコレート依存症について

女性だけでなく男性も、チョコレート好きな人はいますが、毎日チョコレートを食べているという人は、チョコレート依存症かもしれません。

 

脳内快楽を得やすいチョコレート

チョコレート依存症は科学的には明確な定義がまだありません。しかし「チョコレートを食べずにいられない」人がいます。これはチョコレートの成分のうち、砂糖とカフェイン、香りなどが、脳に快楽を与えることから、依存症に近い症状となっていると言えます。

 

チョコレートの成分と効果

チョコレートは、カカオバターとカカオ成分(ポリフェノールやカフェイン、香気成分など)、砂糖などでできています。

 

このうち、香気成分(フェニルアルデヒド、ジメチルピラジン、フェニルメチルヘキサナールなど)は、中枢神経に作用して集中力を高める作用があります。チョコレートのポリフェノールは、動脈硬化防止になる血液さらさら効果があるとされています。

 

また、チョコレート味は多くの苦みなどを舌に感じさせない「マスキング作用」があり、子ども用の苦い薬がチョコレート味になっているのはこのためです。このようにチョコレートそのものは、栄養的にも効能的にも優れています。

 

甘みと香りが依存性を招く?

チョコレート依存症とされる人は、一日に何枚もの板チョコを食べていたり、常にチョコレートを口にしていたりします。こうなると依存症と呼ばざるを得ません。

 

過剰な砂糖やチョコレートの香りが脳に「快楽」を与えることで、つねに気持ちよい状態にいたい、という脳の異常な欲求的状態を作り出すのです。同時に、チョコレートの摂り過ぎからくる糖尿病や高脂血症などが考えられます。

 

チョコレート依存症は、砂糖依存症とも関連し、ダイエットの反動などからくる女性のケースが多いようです。

 

チョコレートを食べることそのものは悪いことではありません。そのものに「依存」する、精神的な活動が心配されるのです。思わぬところにある依存症に、注意しましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

豊かな日本ならでは?親離れ子離れができない日本の親子の依存問題「親離れ子離れ不適応」

成人しても働かずに実家でずっと親の世話になっている状態というのは、しばしば耳に...

依存症は主に3つに分けられます!タイプ別に見る依存症3つについて

依存症とは、何か特別な対象にだけ自分自身が支配され、自分で自分自身をコントロー...


宗教依存症になった家族との接し方!筆者の体験に基づくおすすめ勧誘対策と金銭対策

自分一人で宗教にのめりこむことは自由ですが、子供達が困ることも考えず近所やPT...

インターネット依存症って何?依存の診断基準とは?日本で多い"きずな依存"って?

> 1994年ごろから注目され始めたのがインターネット依存症で、インターネットが...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る