カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 細菌性膣症 >
  6. おりもの異常やかゆみ…細菌性膣症ってどんな病気?

女性のカラダの悩み

おりもの異常やかゆみ…細菌性膣症ってどんな病気?

 

◆はじめに

どんな女性の膣内でも、何かしらのばい菌は検出されるのが当然です。しかし、通常は無害な菌がほとんどですから、それらの菌の働きによって悪い菌の繁殖がはまたげられ、様々な症状が生じるのを防いでくれています。

 

しかし、常在菌(健康な膣の中にいる菌)のバランスが崩れてしまうと、悪玉の菌が増殖してしまいます。

そうなってしまうと、おりもの異常やかゆみといった症状が生じます。このような症状は1つの微生物が原因となっているわけではありません。

 

 

◆細菌性膣症とは?

今まで細菌性膣症は

・非特異性腟炎

・ガードネレラ膣炎

・ヘモフィルス膣炎

・嫌気性膣症

などとして知られていました。しかし、現在では膣内の細菌叢(さいきんそう)から、悪玉の菌が異常に増殖し感染として起こる状態だと考えられています。

 

細菌性膣症とは、膣内の乳酸菌桿菌(かんきん)の菌量の現象により、悪い菌が正常な膣内で異常に繁殖している状態のことをいいます。

膣内の中でカンジダ、トリコモナスそして淋菌など特定の微生物が存在していないにも関わらず生じている炎症を、非特異性腟炎、または細菌性膣症といいます。

 

・細菌性膣症の原因と症状

健康な女性の膣内には様々な常在菌が存在していますが、そのうちの75~95%は乳酸桿菌属になっています。また、その乳酸桿菌属の善玉菌は膣内を酸性に保つことで雑菌の侵入を防いでいます。これを膣の自浄作用といいます。しかし、細菌性膣症は何らかの原因で膣内の細菌のバランスが崩れ、自浄作用が上手く働かなくなることで引き起こされます。

 

細菌性膣症の約半数は軽い症状とされています。しかし、おりものが灰色で水っぽく、悪臭がする場合もありますから、そのようなおりものに気づいたときには直ちに病院を受診してくださいね。

 

 

細菌性膣症は基本的に性感染症ではありません。しかし性的パートナーが多い女性がかかりやすいとされています。性感染症というより性交渉関連疾患と考えてください。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/07/25-380581.php?category=265])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

細菌性膣症に関する記事

おりものに異変!妊娠中は特に注意!細菌性膣炎の症状

細菌性膣症は通常の性感染症とは違い、特定の細菌に感染して発病するものではあり...

細菌性膣症になる原因は何?またその検査・治療方法とは

  膣の自浄作用の低下により、カンジダ、トリコモナスそして淋菌などの特定の...


妊婦さんがなると大変危険?!細菌性膣症とは

細菌性膣症というものを知っていますか?非特異性腟炎とも呼ばれることがあります。膣...

細菌性膣症の診断では何をチェックする?診断から治療まで

細菌性膣炎は膣内の最近の優劣のバランスが崩れてしまって、膣内環境が悪くなって...

カラダノートひろば

細菌性膣症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る