カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 細菌性膣症 >
  6. 妊婦さんがなると大変危険?!細菌性膣症とは

女性のカラダの悩み

妊婦さんがなると大変危険?!細菌性膣症とは

細菌性膣症というものを知っていますか?非特異性腟炎とも呼ばれることがあります。膣の自浄作用の低下によって引き起こされるもので、妊婦さんが発症してしまうと危険であることは知られています。

 

細菌性膣症は、一度かかると再発してしまうことが多いです。そのため、妊娠していない方でなくても発症を防ぐようにしましょう。ここでは、細菌性膣症の症状や治療法・予防法についてご説明します。

 

 

細菌性膣炎とは?

細菌性膣炎は性感染症ではありません。細菌性膣炎は大腸菌などの体にいる菌に感染してなる病気です。

 

膣内環境が損なわれていることが原因で発症します。性病は、特定の菌をもらってうつる病気なので、性病とは全く違います。

 

ふつうの膣の中は、乳酸菌が活発に働いています。そのため、酸性が強いため菌が増えないようになっています。

 

ですが、過度な性交や膣洗浄のし過ぎ、疲労や体力の低下、加齢などが原因で乳酸菌による自浄作用がなくなってしまいます。その結果、いろいろな菌が膣の中で増えてしまい、かゆみやおりものに変化を引き起こすと言われています。

 

細菌性膣炎はなかなか完治しません。体内の膣の自浄作用が低下しているので、治療しても再発することも多いです。

 

大きな異変がないからと言って放っておくと、膣の環境が悪化してしまいます。細菌性膣炎は妊婦にとって危ないと言われていますが、そうでない方にとっても危険なものです。

 

妊娠中の細菌性膣炎

細菌性膣炎を発症していると流産や早産の危険性が高まります。

 

 細菌性膣炎を発症していると絨毛膜羊膜炎が起こることがあります。これは、細菌性膣炎の原因菌が卵膜から子宮に広がり、羊水まで達したものです。

 

ここまで感染が進むと前期破水を起こし、早産の大きな原因にもなります。下腹部痛やおりもののにおいがきつくなるなどの症状があります。

 

これによって子宮口が柔らかくなってしまうことで開いてきてしまい、その結果早産や流産の危険が高まるとされています。

 

 これを裏付けるものとして、妊娠24週から37週に早産する確率が通常の2.8倍、特に16週以内だと5.5倍になるというデータもあります。

 

 細菌性膣炎の発症がわかった時点で早めに治療をすれば、多くは早産を防ぐことができます。絨毛膜羊膜炎がかなり進んでからでは早産になる可能性が高いので、早期の治療が大切です。

 

細菌性膣炎の症状

 細菌性膣炎になっても、無自覚な女性もいます。一方で自覚症状があって受診し、細菌性膣炎にかかっていたことがわかる女性もいます。

 

自覚症状は、おもに3つに分けられます。

 

・膣周辺かゆみや痛みを感じる

 

・おりものが水っぽくなる

 

・生臭いにおいがする

 

どれも、自覚症状がないくらい弱いものから、はっきりわかるものまで症状が表れる強さは個人差があります。

 

これらの症状について、それぞれ説明していきます。

 

 

膣周辺のかゆみ・痛み

細菌性膣炎になると、陰部にかゆみや痛みを感じることがあります。これが、細菌性膣炎に気づくきっかけになることも多いです。

膣内のかゆみや痛みを感じることがよくあります。その他にも外陰部に感じたり、陰部周辺がむず痒くなってきます。かゆみはあまり強くない人もおり、個人差があります。

 

生理後にむず痒さを感じ、ナプキンでかぶれたと思って受診し、細菌性膣炎にかかっていたということもあります。

 

腟内の炎症が強い場合には、排尿時におしっこがしみて痛みがでたり、尿道周辺の違和感があったりすることもあります。

 

おりものが水っぽい

細菌性膣炎にかかると、おりものに変化があります。

 

・少量

 

・灰色

 

・さらっとした質感

 

・悪臭を伴う

 

・異常なおりもの感

 

以上が、感染症膣炎にかかったときのおりものの特徴です。

 

性感染症や他の膣炎の多くは、おりものがチーズのようにどろっとなります。しかし、感染症膣炎の場合、おりものは水っぽくなります。これが性感染症や他の膣炎との大きな違いです。

 

おりものに異変があって受診しても、膣壁には明らかな炎症が見られないこともあります。

 

生臭いにおい

 魚のような生臭いにおいは、細菌性腟炎の一番の特徴です。魚臭、アミン臭といわれる強烈な臭いにおいがあります。

 

においが発生するかどうかは増えた細菌の種類によりますが、細菌性腟炎では悪臭があることが多いです。

 

生理後やセックスのあとでは細菌が増えるため、特に臭いが強くなります。特に、性交後のおりもののにおいが強くなると言われています。これによって、パートナーに性感染症を疑われて受診することもあるようです。

 

さらに、ひどくなるとふだんの生活でもにおってくることもあります。ジーンズの下からにおいが漂ってくるという女性もいるようです。生活に支障が出てきて受診することもあります。

 

細菌性膣炎の原因

膣内の乳酸菌。これは膣の分泌物を栄養素としています。そして、乳酸を精製することで膣内を酸性状態にしてくれます。

 

膣内が酸性に保たれているならば、有害な細菌の増殖を防ぐ作用があります。

 

膣の酸性度が変化すると、有害な細菌等が膣内で繁殖するようになります。

 

それらの細菌が原因となって、膣内に炎症が起きて、はれたり、おりものの量が増加したり、汚臭がするにようになります。

 

細菌性膣炎には主に5つの原因があると言われています。

 

・膣内の乳酸菌の低下

 

・膣の自浄作用の低下

 

・免疫力の低下

 

・ホルモンバランスの乱れ

 

・ナプキンやタンポンのつけっぱなし

 

・通気性の悪い服

 

膣内の乳酸菌の低下

健康な女性の膣には、デーデルライン菌が住んでいます。これは、乳酸菌の一種で乳酸を作ってくれ、膣を酸性に保ってくれます。このため、膣を他の病原菌や感染から守ってくれます。

 

病原性のある最近は菌に弱いものが多いです。そのため、デーデルライン菌が膣を守ってくれており外からの菌が繁殖しにくい状態になっています。

 

しかし、膣の自浄作用が低下してしまうと、デーデルライン菌の働きが弱くなります。その結果、菌が入り込みやすい状態になり、病原菌が繁殖してしまいます。その結果、細菌性膣炎になってしまいます。

 

細菌性膣炎の原因になる菌には例えば、大乗菌があります。この大腸菌は、肛門からきた菌だと言われています。

 

膣の中の乳酸菌は、デリケートです。ちょっとしたことでも死んでしまいます。風邪の治療で飲んだ抗生物質が原因で死滅してしまうこともあります。

 

乳酸菌が死んでしまうと、アルカリ性になり細菌性膣炎の原因となる菌が繁殖しやすい環境になります。この結果、細菌性膣炎になると言われています。

 

膣の自浄作用の低下

妊娠可能な性成熟期の女性の膣内は最近が増えないように守られています。そして妊娠すると、赤ちゃんが子宮の中で健康に育つようにその守りはさらに強力になります。この現象を膣の自浄作用といいます。

 

この自浄作用の低下につながるのは、膣の過剰洗浄です。

 

膣を清潔に保とうと、過剰に洗浄する女性もいます。過剰に洗浄すると、自浄作用が低下してしまいます。これによって、体内に本来いる乳酸菌の力が弱まってしまいます。

 

その結果、細菌性膣炎を引き起こしてしまいます。

 

さらに、洗浄にしようした石鹸などが残ってしまうとそれが細菌のえさとなり、繁殖の原因ともなります。

 

 

免疫力の低下

風邪やストレス、そして疲労がたまると免疫力が低下してしまいます。さらに睡眠不足、ダイエットによっても免疫力が低下してしまいます。免疫力が低下すると、細菌に対する抵抗力が弱くなってしまいます。

 

その結果、細菌性膣炎をおこしやすくなると言われています。

 

特に細菌性膣炎が再発している方は、慢性的に免疫力が低下している可能性もあります。

 

その原因としては、ストレスや疲労がたまっていることが考えられます。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性ホルモンのエストロゲンが低下すると、細菌性膣炎と同じ症状を起こすことがあります。

 

また加齢にともなって、女性ホルモンのエストロゲンが低下すると細菌性膣炎と同じ症状を起こすことがあるといわれています。

 

これは若い女性でもホルモンバランスが乱れていると起きるおそれが考えられます。

 

妊婦さんには19%の頻度で細菌性腟症が認められるというデータがあります。これはホルモンのバランスなどによるものと考えられています。

 

ナプキンやタンポンのつけっぱなし

 生理後、細菌性膣炎を発症する人がいます。再発を繰り返す方は、生理用ナプキンやタンポンが原因になっているおそれがあります。

 

特に生理用ナプキンは、湿り気と体温が細菌が繁殖するための環境として良いと言われています。生理用ナプキンをつけっぱなしにしていると細菌が繁殖しやすくなります。

 

紙ナプキンから布ナプキンに変えるだけでも細菌が繁殖を防げる可能性があります。

 

タンポンも、通気性をさまたげ膣内の細菌を増やす原因となります。タンポンは、体内に直接あたっているため細菌が増え始めると、体内に入り込みやすくなります。細菌性膣炎の原因となる最近の増殖に関係するだけでなく、細菌性膣炎の原因ともなり得ます。

 

これらの原因は、忙しさの中でナプキンやタンポンの交換をおざなりにしている方に多いです。

 

通気性の悪い服

細菌性膣炎は細菌の繁殖が原因でおこります。

 

通気性の悪い服を着ていると、湿度と温度が一定に保たれます。その結果、膣の細菌が増殖しやすくなります。そして、細菌性膣炎の発症につながります。

 

特にぴったりとしたズボンや、締め付けのつよい下着を好む方に多い原因です。

 

ズボンの中でも通気性の悪い皮などの素材は要注意です。また、冬は暖かいものを着るのでいっそう細菌が繁殖しやすい環境に保たれてしまいます。

 

 

細菌性膣炎の治療法

ここでは、病院で受けることができる細菌性膣炎の治療法をご紹介します。

 

膣洗浄を受ける

膣洗浄はあくまでも病院で行ってください。自宅洗浄では腟円蓋部と呼ばれる腟の奥まで洗浄することは難しいです。

 

ただし逆に何度も膣洗浄を受けることで、大切な常在菌を減らしてしまうこともあります。医師と相談して判断していくようにしましょう。

 

細菌を抑えるために膣錠を使う

膣に繁殖した細菌をやっつけるため、抗生物質の含まれた膣錠などが使われることがあります。病院によっては、診察の時に膣錠を入れてくれる場合もあるでしょう。

 

抗生物質による治療は大変有効だといわれています。その一方で、抗生物質は悪玉菌だけでなく善玉菌も殺してしまうという副作用もあります。

 

もし悪玉菌が先に増殖して優勢になってしまうと、結局、細菌性膣炎を繰り返すことになってしまいます。実際に、細菌性膣炎の再発率は50%を超えているといわれているのです。

 

抗菌剤の入った外用薬をぬる

症状によってはかゆみ止め成分の入った軟膏やクリームを使うことがあります。

 

ステロイド性のお薬は非常にかゆみを抑える作用は強いのですが、免疫力を低下させてより細菌を繁殖させてしまう恐れもあるため、自己判断で使うことは避けたほうが無難です。

 

細菌性膣炎の予防法

細菌性膣炎の原因は、免疫力の低下と膣の自浄作用の低下、そして不衛生な環境です。

 

免疫力を上げるには、睡眠や休息、食事、適度な運動が効果的です。また、女性の体は非常にデリケートなので無理をしないで生理中などは特に体をいたわってあげるようにしましょう。

 

さらにふだんから膣周辺の環境を清潔に保つ様に注意しましょう。

 

まずは腟や外陰部の粘膜が傷つかないように心がけることが大切です。また、過激な性行為を避けるようにしてください。

 

月経中にタンポンを使用する場合は、こまめに交換するようにして付けっぱなしは避ける様にしましょう。パンティーライナーやナプキンもこまめに交換して、細菌を繁殖させないようにしてください。

 

とはいえ、清潔にしようと膣を過剰に洗浄するのは逆効果です。あくまでも適度に清潔にするように心気がけてください。

再発の多い細菌性膣炎!しっかり予防を

細菌性膣炎の症状、原因、治療法、そして予防法についてまとめました。

 

細菌性膣症は、環境が原因で発症するものです。そのため、一度かかると再発してしまうことが多いです。そのため、妊娠していない方でなくても発症を防ぐようにしましょう。

 

ふだんの生活を見直すことで、細菌性膣炎は防ぐことができます。健康的な生活を心がけ、細菌性膣炎を予防しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com)

著者: みの痔さん

本記事は、2016-09-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

細菌性膣症に関する記事

おりもの異常やかゆみ…細菌性膣症ってどんな病気?

  ◆はじめに どんな女性の膣内でも、何かしらのばい菌は検出されるのが当...

細菌性膣症の診断では何をチェックする?診断から治療まで

細菌性膣炎は膣内の最近の優劣のバランスが崩れてしまって、膣内環境が悪くなって...


気をつけるべきは二次的な発病

  細菌性膣症は、膣内に常在する細菌のバランスが崩れることによって起きる疾患で...

細菌性膣症になる原因は何?またその検査・治療方法とは

  膣の自浄作用の低下により、カンジダ、トリコモナスそして淋菌などの特定の...

カラダノートひろば

細菌性膣症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る