カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 抗リウマチ薬アザルフィジン服用時の注意

関節痛・腰痛

抗リウマチ薬アザルフィジン服用時の注意

抗リウマチ薬アザルフィジンが処方されたときに、注意したいことがいくつかあります。

 

アレルギーや腎臓・肝臓に注意

アザルフィジンは、関節リウマチの炎症を抑えて病状の進行を遅らせる薬です。次のような傾向がある場合には、注意が必要です。

 

・サルファ剤へのアレルギーがある

・肝機能が低下している:副作用として肝機能障害や黄疸が起こることがある

・腎臓に障害がある:副作用として腎機能不全が起こることがある

・血液の病気を持つ

・喘息がある

・妊娠中:使用できますが、使用時期など医師の診断が必要です

 

飲み合わせにも注意が必要

・スルホニルウレア系の血糖降下剤や抗血栓薬のワルファリンなどは作用が強くなる可能性があります。

・強心剤ジゴキシンは、薬の吸収が低下する可能性があります。

・アザチオプリン:骨髄抑制の副作用が強まる可能性があります。

 

 

効果を焦らない

リウマチの治療は、すぐには効果が現れてこないのが特徴です。2ヵ月目くらいから効果がわかってきます。このため、薬を飲み初めても途中でやめてはいけないのです。

 

2ヵ月くらい継続してもまったく症状がよくならない場合には、医師が薬の変更等を考えることになっています。その場合には、副作用を含めて、血液を調べたり、肝機能や腎機能のチェックも重要になってきます。

 

爪や汗、尿がオレンジ色になる

アザルフィジンは、リウマチ治療薬としてよく使われているものの一つです。とくに妊娠中にも使用できるものとして注目されています。

 

使用していると皮膚や爪、尿、汗がオレンジ色になることもあります。これは薬の成分の色ですが、気になる場合には医師に相談しましょう。

 

また、ほかにも発疹やかゆみ、嘔吐などの副作用が現れる場合もあります。

(Photo by://www.pakutaso.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

免疫寛容を起こし、破壊を止める?リウマチの代替療法『非変性Ⅱ型コラーゲン』とは

現在、関節リウマチの根本的な治療法は開発されていないと言われていますが、近年の...


関節リウマチの治療薬「メトトレキサート」の特徴について

  関節リウマチの治療薬の中でも第一選択薬として日本リウマチ学会のガイドラ...

関節リウマチの痛みを抑える薬~消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤~

  関節に持続性のある炎症が生じることで腫れや痛みを伴い、最終的には関節が...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る