カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. SFTSウイルス >
  5. SFTSウィルスが日本で初めて感染確認!

気になる病気・症状

SFTSウィルスが日本で初めて感染確認!

SFTSウィルスが日本で初めて感染確認

 

SFTSウィルスの感染による重症熱性血小板減少症候群患者が日本で初めて確認されました。

 

重症熱性血小板減少症候群とは、2011 年に初めて特定された、新しいウイルス(SFTS ウイルス)に感染することによって引き起こされる病気です。

この感染症は2011年というごく最近に中国で特定された新規ウィルスによるもので、日本での感染は初めての事例となります。

 

ダニを媒介にして感染する、クリミア・コンゴ出血熱やリフトバレー熱、腎症候性出血熱などと同類のブニヤウィルス科です。

中国では、多くの場合、SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染しています。

 

ダニに噛まれるなどして感染してから潜伏期間が6日から2週間あり、発熱、嘔吐、下痢、頭痛、筋肉痛、腹痛を起こし、けいれんや昏睡などに至り、最後にはに至ります。

致死率が一割を超える危険な感染症です。

感染にダニを媒介するので、ダニの活発化する春から秋が流行期となります。

 

 重症熱性血小板減少症候群の主な症状

 

●発熱

●食欲低下、嘔吐、下痢、などの消化器症状

●頭痛、筋肉痛、腹痛

●けいれんや昏睡

●リンパ節腫脹

●下血など出血症状

 

この感染症に、特異的な治療法はなく、対症療法が主体となっています。

また、現在、SFTS ウイルスに対して有効なワクチンはありません。

 

 SFTSウィルスの予防策

 

SFTSウィルスはダニを介して感染し、その感染者の体液との接触によりさらに感染します。

日本でも感染が確認されたとなると、すでにいつ感染してもおかしくないといっても良いでしょう。

 

予防策としては、何よりもダニに噛まれないように、

・ダニの生息する場所には近づかない

・長袖や長ズボンなど肌の露出を控える

…など、ダニに噛まれることを防事が必要です。

 

感染者の命を守るためにも、そして感染拡大を防ぐためにも、疑わしい症状を自覚したなら、迅速に最寄りの保健所、もしくは国立感染症研究所の問い合わせまでご連絡ください。

 


(//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/01/31/depression-20195_640.jpg)

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

SFTSウイルスに関する記事

京都府・東北・関東でも注意を!マダニ由来ウイルス『SFTS』

  『SFTS』感染が全国に拡大、未だ治療薬は無し   2013年1月...

対処を間違うと死に至る?SFTSウイルスの国内分布調査結果

  2011年に発見されたSFTSウイルスに感染しても1週間程度は症状が出ない...


治療法が確立していない!?血液の機能を破壊する恐ろしいSFTSウィルスに気をつけて!

  ■現在、日本に新たなウィルス感染症の脅威が訪れています。   その...

SFTSウイルス予防法 ペットを飼っている方はマダニに要注意!

発熱と消化器症状で死に至る危険性もあるSFTSウイルスの感染症は、2011年に...

カラダノートひろば

SFTSウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る