カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. 美肌を導くヨーグルトの選び方とは?

美容・ダイエット

美肌を導くヨーグルトの選び方とは?

 

美肌のためにヨーグルトが良いと聞いたけど、どうして良いの?食べるときにはどんなことに気を付けると良いの?ここでは美肌のための、ヨーグルトの選び方についてまとめてみました。

 

どのヨーグルトがいいの?

ヨーグルトのなかには、ビフィズス菌やラクトバチルス菌といった乳酸菌が含まれています。こうした乳酸菌が腸内環境を整えることで、排泄・代謝が促進され、美肌につながるといわれています。

 

しかし、乳酸菌にはさまざまな種類があり、期待される効果も少しずつ異なるようです。

 

肌への効果が期待できるものとして代表的なものでは、以下のような乳酸菌が挙げられています。

 

●LGG乳酸菌
腸内のクリーン効果が高く、美肌効果が期待できるとされています。

また、妊娠中のお母さんがLGGを摂取するか、生後6か月以降にLGGを摂取した子どものアトピー性皮膚炎発症率が、非摂取者の半分程度という研究結果もあります。


●ビフィズス菌
腸内環境を改善し、美肌効果や、アトピー皮膚炎の改善にも効果があるとされています。


●LB81乳酸菌
肌機能の改善に効果があるとされています。

 

乳酸菌のタイプによって、内臓脂肪や皮下脂肪を落とす効果が高いもの、がんのリスクを下げるもの、免疫力を高めるものなどがあります。複数の乳酸菌が組み合わさっているヨーグルトもあるので、自分の求める効果に応じた乳酸菌を選んでみたいですね。

 

まずは1週間

食べてみたいヨーグルトを決めたら、まずは1日200gを目安に、1週間続けてみましょう。

 

1週間後、便秘が解消した、肌がきれになった、など何らかの効果が感じられたら相性のよいヨーグルト。あまり効果が実感できない場合は、求めている菌のタイプと合っていないかもしれませんので、ほかの種類のヨーグルトを試してみると良いでしょう。

 

途中で死んでしまう乳酸菌?

口から食べた乳酸菌は、じつは大半が胃の中で死んでしまいます。そこで選びたいのが、乳酸菌の株数の多いもの。多くの株が入っていると、たくさん死んでしまっても、生きたまま腸までたどり着ける株も多くなります。


また、乳酸菌飲料やヨーグルトのなかには、「生きて腸に届く」としているものが多くあります。こうした乳酸菌は、耐酸性が強く、胃酸や胆汁酸でも死滅しないものが開発されていたり、または胃酸で溶けないカプセルに入れることで、腸まで到達できるものなどがあります。

 

 

口から食べた乳酸菌は、腸内に留まり増え続けることはできません。そのため、継続して摂取することが必要です。気に入ったヨーグルトを見つけて、長く続けることで健康と美肌に役立てたいですね。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/01/03-355480.php?category=265

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

自然の甘みをギュッと出す!秋の味覚・サツマイモを美味しくゆでる方法

秋になれば、秋ならではの美味しい味覚がたくさん出てきます。サツマイモはそのホク...

美肌に!ネギたっぷりの豚肉巻き

【レシピ】ネギたっぷりの豚肉巻きネギには硫化アリルという物質が含まれており、ビタ...


ヨーグルトってどれも一緒?それとも違うの?

スーパーやコンビニエンスストアの棚には、じつに多くの種類のヨーグルトや乳酸菌...

ビタミン類が豊富な夏野菜、トウモロコシとカボチャで夏の肌荒れを防ごう!

夏になるとなんとなく肌がくすんで、肌荒れがひどくなる方も多いかもしれません。...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る