カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 美腸で美肌効果アップ?食べて寝るだけ美容法!肌の乾燥に効果があるものとは

美容・ダイエット

美腸で美肌効果アップ?食べて寝るだけ美容法!肌の乾燥に効果があるものとは

ミルク 

美肌のために腸内環境を整えようと、ヨーグルトを食べる人も多いのではないでしょうか。ヨーグルトを食べ方で、より美肌効果がアップすることをご存知ですか?

  

ヨーグルトは継続が大切

ひとの腸の中には、常在菌と呼ばれる菌が住み着いています。常在菌のうち、炭水化物を食物として乳酸を作り出し、腸内の環境を酸性に保つはたらきをする常在菌は、乳酸菌と呼ばれます。

 

乳酸菌がせっせとはたらいてくれると、病原菌が腸内に侵入して来ても追い出しやすくなり、腸内の有害物質の掃除をしたり、美肌にも役立つビタミンB群などを作り出してくれたりします。

 

乳酸菌は生まれた時をピークに減り続けるため、食事からとりたいものですが、食事として口からとった乳酸菌が、そのまま腸内の常在菌になってくれるわけではありません。

 

口からとった乳酸菌は、食べ物と一緒に腸のなかをゆっくりと流れる間、腸内の乳酸菌のはたらきをサポートしながら、最後は便として出て行ってしまいます。そのため、ヨーグルトは食べ続けることが大切になります。

 

ヨーグルトは食事と一緒に

お腹がすいているときにヨーグルトをおやつ代わりに食べても、乳酸菌は胃酸で死んでしまい、腸までたどり着くことができないことが多くなります。

 

胃酸で死んでしまった乳酸菌は、死んでも酸性物質が有効にはたらくといわれていますが、どうせなら生きたまま腸まで到達してほしいもの。そのためには、食前や空腹時ではなく、食事中に食べたり、食後にまとめて食べるのが効果的です。

 

オリゴ糖と食物繊維をセットで

ビフィズス菌に元気にはたらいてもらうためには、ヨーグルトと一緒にオリゴ糖と食物繊維を摂るようにすると効果的です。

 

食物繊維

食物繊維は、海藻や根菜、イモ、豆といった野菜類に多く含まれ、腸内環境全体を整えるはたらきをします。

食物繊維は大腸の壁を刺激し、ぜん動運動を促します。また、食物繊維のおかげで腸の内容物のあいだに隙間ができ、乳酸菌が活動しやすくなります。

 

ヨーグルトと一緒に、食物繊維の豊富なナタデココやアロエ、果物を摂るようにすると良いですね。 

 

オリゴ糖

オリゴ糖は、糖が2~10個結合した形の糖質で、胃酸でも分解されず、小腸でも吸収されない特徴があります。そして大腸に到達したオリゴ糖を好んで食べるのが、ビフィズス菌。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるというわけです。

 

シロップ状のオリゴ糖をヨーグルトにかけて食べたり、オリゴ糖を多く含むバナナやきな粉とヨーグルトを一緒に食べるのも効果的です。 

ちょっとしたことを心がけることで、おなじヨーグルトでも効果が違ってくるかもしれません。

 

 

働く女性必見!食べて寝るだけ美容法!3選!

夜はいろいろ忙しく美肌のためにたくさんの時間をかけることができない人のために食べて寝るだけの素晴らしい食べ物を紹介します。ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時のために良い食べ物を摂取しましょう。

 

ヨーグルト

ヨーグルトはダイエットにも美肌にも良いと言われています。善玉菌で腸内環境を改善してくれます。夜食べる際にはいくつかのポイントがあります。

 

まずは砂糖はいれないこと。プレーンタイプものものを200g程度食べましょう。しかし、かなり量があるので、普段の夕飯を少なめにして、その分このヨーグルトにあてます。そして出来れば、暖めると効果は倍増します。

 

暖めることにより代謝もよくなるので身体の芯から綺麗を作ります。

 

納豆

朝のイメージが強い納豆ですが、実は夜食べる方が納豆の効果が発揮されるのです。

 

納豆には血液をさらさらにしてくれる成分が入っています。この成分は納豆を食べてから約10時間働いてくれます。そのため、血流が滞りやすい寝ている間にあてると良いのです。

 

それに人間の成長ホルモンを促進してくれる作用もあるので、22時から2時にあてることでさらなる効果を発揮してくれます。

 

納豆はコンビニエンスストアでも購入することができるので、遅い仕事帰りにも始めてみることが出来ますね。

  

ビタミンC

美肌荷役立つと言われているビタミンC。ビタミンCは果物やサプリメントなどから割と簡単に摂取することができます。ビタミンCをとることで美白にもなれます。

 

寝ている間はビタミンCの吸収率が20%ほどあがります。それに、夜摂取することによって、睡眠の質も上げてくれるので、ぐっすりと眠ることができます。

 

ビタミンCは、美肌だけでなくダイエットのも効果的です。若返りホルモンを活発化してくれるので、太りにくい体を作ることができます。

 

ダイエットにもなって美肌にもなるとは女性にとっては願ってもみない嬉しい効果ですね。

 

食べて寝るだけで美肌ができあがるとは素晴らしいですよね。日頃忙しくなかなかお手入れができない方も、これらの食材を食べて寝れば美肌を手に入れられるかもしれません。

 

 

腸内環境を改善する食事のキホンとは?

腸内環境を改善すると、健康や美肌に効果があることが明らかになっています。では、腸内環境を改善できる基本的な食習慣とはどのようなものでしょうか。

 

■善玉菌を「育てる」!

腸内には悪玉菌と呼ばれる、人にとってめいわくな物質を産生する常在菌と、善玉菌と呼ばれる、人にとって嬉しい働きをする常在菌の両方が住んでいます。腸内環境を整えるためには、常在菌のうちの善玉菌を育てて増やすことが重要です。

 

■善玉菌が活動しやすい環境づくり:食物繊維

食物繊維は、善玉菌の活動促進というよりも、腸内環境全体を整えるために役立つ栄養素です。

 

食物繊維は人体が栄養素として吸収することができないため、かつては役に立たないカスと思われていました。しかし、消化の後にカスが残らない肉の脂身のようなものだけを食べていると、腸の粘膜が刺激されず、腸のぜん動運動が起こりにくくなります。

 

食物繊維は胃や腸で消化されず、水分を吸ってふくらみ、腸のぜん動運動を促します。そして腸内に隙間をつくり、常在菌が活動するスペースを確保してくれます。腸内環境を整えるために、1日20g以上の食物繊維を摂ると良いと言われています。

 

●食物繊維の多い食品

食物繊維が多いのは、海藻、根菜、芋、豆といった野菜類。ごはんや玄米などの穀類にも食物繊維は多く含まれ、こんにゃくに含まれるマンナン、果物などに多く含まれるペクチンも、はたらきとしては食物繊維と同じといえます。

 

野菜が美容に良いのは、ビタミンなどの栄養素が含まれるだけでなく、食物繊維が豊富だからでもあるというわけです。美容のためにも腸内環境のためにも、日ごろから食物繊維豊富な野菜料理を中心とした食生活を心がけたいですね。

 

■善玉菌の栄養補給:オリゴ糖

食物繊維で腸内環境を整えたら、善玉菌を元気にするための「エサ」を補給しましょう。

 

善玉菌の代表格、ビフィズス菌の場合、好むエサはオリゴ糖です。オリゴ糖は糖が2個~10個結合したもので、胃酸でも分解されずに腸に届き、ビフィズス菌を増やすはたらきをします。オリゴ糖はシロップ状のものが市販されているほか、バナナやきな粉、ゴボウや玉ねぎなどに多く含まれています。

 

オリゴ糖とビフィズス菌を一緒に摂れるバナナヨーグルトなどは、とても理にかなった食べ物といえます。

 

 

食物繊維とオリゴ糖で「育菌」を心がけつつ、ヨーグルトや発酵食品を積極的にとることで、からだの外から乳酸菌を取り入れるように心がけると、さらに腸内環境改善効果が期待できるでしょう。

 

 

肌の潤いが足りないと思った時に効果あり?!細胞の膜をつくるリン脂質

細胞を生まれ変わるようにするには、タンパク質やコラーゲンが大切だと思っている方もいると思います。もちろんこれらは大切ですが、実は細胞の膜をつくっているのはリン脂質という油です。今回は細胞の膜をつくるリン脂質についてご紹介します。

 

脂質とは

脂質は一般的に水に溶けず、有機溶媒に溶け、多くの場合脂肪酸の形をとっている物質です。食品に含まれる脂質は油脂または中性脂肪が多いです。また、1gあたりのエネルギーが高く、人間にとって必須の栄養です。しかし、近年は過剰摂取によって、肥満や大腸がんなどの病気の原因として問題となっています。

 

リン脂質とは

リン脂質の化学構造を説明すると、グリセロールの1,2位に脂肪酸が、3位にリン酸エステルが結合しています。役割としては、生体膜(細胞の膜)を構成する他にも、細胞内の情報伝達、アミノ酸の代謝、LDLコレステロールの低下、神経伝達物質にも関わります。美容においては肌の潤いを保つ作用があります。主要なリン脂質はレシチンです。レシチンを多く含む食品は大豆や卵黄です。

 

リン脂質は、体内で重要な役割を果たしている脂質です。体内で合成されるものが多くを占めますが、肌の潤いが足りないと思った時には食品から摂取してみてはいかがでしょうか。

Photo by:

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

人気オイル『スクワラン』などの化粧品成分 安全性や注意点とは? 毒性のある危険な場合も?!

スクワランってどんな物質? 『スクワラン』と言えば、皮膚上に付けると高い保...

唇は皮脂腺が無いので無防備!乾燥を招く『避けたい習慣』とは?ひじ・かかとのガサガサ乾燥のしくみ

唇はなぜ乾燥しやすい? 冬は唇が非常に乾燥しやすい季節です。毎年皮がバリバ...


膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなるのはなぜ?~膝・肘・かかとをきれいにするには?~

膝・肘・かかと・くるぶしは、スキンケアを心がけていてもカサカサになったり、硬...

「尿素」って乾燥肌にいいの?それとも悪いの?保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?下着かゆみはどうすればいいの?

  「乾燥が気になる肌や、からだの皮膚のケアには尿素配合のクリームが良い」...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る