カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. 美肌のためには腸内環境が重要!プロバイオティクスとは?ビフィズス菌の働きについて

美容・ダイエット

美肌のためには腸内環境が重要!プロバイオティクスとは?ビフィズス菌の働きについて


美肌のためには腸内環境が重要であることが、近年よく言われています。腸内環境改善といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料などのプロバイオティクスが代表的です。プロバイオティクスで腸内の乳酸菌を増やすと、どのような効果が期待できるのでしょうか?

 

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、ひとのからだにとって有益なはたらきをする、いわゆる善玉菌と呼ばれる微生物や、それを含む食品のこと。腸内にすみついている善玉菌をサポートする善玉菌を食べ物から摂取することで、悪玉菌のはたらきを抑え、腸内環境を整えることで病気を予防するという考え方です。

 

ビフィズス菌のはたらき

腸内環境を良くするためには、腸内の乳酸菌を積極的に育てたいものです。では、乳酸菌の代表格、ビフィズス菌は、どんなはたらきをしてくれるのでしょうか。


●ブドウ糖の分解

ビフィズス菌は腸内でブドウ糖を分解して、乳酸や酢酸をつくります。「乳酸菌」とは、このように乳酸を産生する菌全体のことです。産生した乳酸によって腸内が酸性に保たれることにより、結果として、アルカリ性を好む病原菌の繁殖を抑えることになります。


●腸内のおそうじ
悪玉菌と呼ばれる腸内常在菌は、たんぱく質を分解する過程で、アンモニアや硫化水素などの腐敗物質を産生します。これがうんちやおならのくさい臭いの原因になります。また、下痢や便秘を引き起こすこともあります。ビフィズス菌は、こうした腸内の腐敗を防止するはたらきをします。


●ビタミンを作り出す
体内にビタミンB群やビタミンKといったビタミンを作り出します。


●免疫力の向上
ビフィズス菌は、胃酸を潜り抜けて腸内までやってきた病原菌やウイルスを攻撃し、増殖を抑えたり死滅させたりするはたらきをします。また、ビフィズス菌が自己融解した成分が腸管から吸収されて、免疫力の向上にも役立つといわれています。

 

腸内環境と美肌との関係

腸内環境が整うと、便秘や下痢が改善されます。下痢をすると、体にとって必要な栄養素がきちんと吸収されないため、肌もあれがちに。反対に便秘すると、自律神経のはたらきが鈍くなり、皮膚の血行が悪くなって肌荒れが起こりやすくなります。

 

また、便秘で何日も便をため込んでしまうと、腸の中で便の腐敗が進み、悪玉菌が増え、有害物質が発生します。この有害物質は腸から吸収され、血液中に溶け込み、肌荒れの要因となるといわれています。

 

まとめ

口から食べた乳酸菌は、もともと腸にすみついている乳酸菌とは異なり、ヨーグルトとして食べた乳酸菌がそのまま腸内で増え続けることはできません。

 

ゆっくりと腸の中を移動するあいだに、乳酸を産生し悪玉菌の増殖を防ぎつつ、便と一緒に出て行ってしまいます。美肌のために、継続して乳酸菌を含む食品を摂取していくよう心がけてみたいですね。

 

photo by://www.ashinari.com/2012/09/27-370772.php?category=390

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事に関する記事

肌の潤いが足りないと思った時に効果あり?!細胞の膜をつくるリン脂質

細胞を生まれ変わるようにするには、タンパク質やコラーゲンが大切だと思っている...

元旦じゃなくても甘酒を飲もう♪甘酒に隠された、麹菌の強力な抗酸化作用の美肌効果のチカラ

  甘酒が老化や健康を害する要因になる、活性酸素の除去に役立つということを知って...


ビタミンたっぷり*クリーミーもやしのレシピ

もやしはお手頃でヘルシーなだけでなく、ビタミン類が豊富で美容効果がある食材です...

ズッキーニ、トマト、玉ねぎ、かぼちゃで若返りながら美肌になれる、4種の野菜炒めレシピ☆

紫外線にさらされることや気温の上昇によって、ダメージを受けやすい夏のお肌への...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る