カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. お肌 >
  5. 生理中は肌荒れしやすい!?女性ホルモンの影響について

女性のカラダの悩み

生理中は肌荒れしやすい!?女性ホルモンの影響について

生理前後にかけて、ニキビや吹き出物が出やすい人がいます。

生理は、女性ホルモンの働きによって引き起こされます。

経血の排出だけでなく、身体のさまざまな個所に働きかけて、生理特有の症状を誘発します。

肌荒れもその症状の一つです。

 

生理における女性ホルモンの働き

卵子の成長を助ける

・エストロゲンが減少し、黄体ホルモンが増加する。

・骨盤周辺に血液が集まる(全身の血液成分のバランスが崩れる)

・骨盤が開く

 

子宮の収縮による下腹部の鈍痛

・ほか頭痛、吐き気、だるさ、精神的症状など人それぞれ

 

なぜ肌が荒れるのか

・脂肪細胞に乾燥が起きやすい

・血液中の酸素濃度低下

・下半身の新陳代謝の悪さ

 

~刺激を少なく~

ホルモンバランスの乱れから肌が刺激に弱くなるため、香辛料のきつい食事やアルコール・たばこはできるだけ避け、また肌を清潔にして、乾燥しないよう保湿しましょう。

 

スキンケアは大切ですが、化粧品による刺激も肌トラブルの原因になるので、ナチュラルメイクを心がけてください。

肌につけるもの・洋服なども化学繊維より天然素材が好ましいです。

気にしすぎも良くないですが、身近にできることから、肌を守る工夫をしてみて下さい。

(photo by//www.ashinari.com/2012/01/23-356242.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お肌に関する記事

効果を最大限にするために!エステに行く時期に気をつけよう

エステのような特別なケアの無料体験など、女性にとっては重宝するものだと思います。...

カラダノートひろば

お肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る