カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 輸入食品 >
  5. 輸入食品も残留農薬検査がされている!違反は0.1%程度!検査について

健康診断・健康管理

輸入食品も残留農薬検査がされている!違反は0.1%程度!検査について

 

輸入食品と言うと農薬が多いのでは、というイメージを持つ方もいるようです。

日本と海外では使われる農薬が異なることも多いですし、農薬の使用量に関しても異なるケースがあります。

その結果として、農薬がたくさん入った農産物が日本国内に持ち込まれるのでは、と心配になってしまうのです。

 

●検疫所・地方自治体の検査

食品を輸入して消費者に提供する場合には書類を出さなければなりません。どのような食品を誰が輸入するのかを明らかにする必要があるのです。

食品を輸入する場合には書類審査のためにまず検疫所を通るので、輸入食品はまず第一に検疫所での検査を受けることとなります。

ここでは書類審査だけですが、過去に違反のある業者などの場合には食品を検査することもあります。

次に検疫所での検査を通った食品は流通が始まりますが、流通している間にも地方自治体での監視が行われます。

抜き取り検査などで実際に農薬を測定する決まりがあるので、検疫所を通過したからOKというわけではありません。

 

●全体の0.1%程度の違反

輸入食品を検査して1年間に発覚する食品衛生法違反の食品は、0.1%程度と言われています。残留農薬が多いのでは、と不安視されることの多い輸入食品ですが全体で0.1%という数字は高いとは言えません。

日本国内での二重、三重の監視体制が整っていることから残留農薬の多い輸入食品は速やかに排除されているとも言えるでしょう。

 

輸入食品の農薬検査は検疫所・地方自治体で行われています。検疫所では書類検査が中心です。

地方自治体は日本国内での輸入食品流通後に、適宜監視を行っているので何重にも監視体制が整っています。

日本国内で1年間に発見される残留農薬は検査数の0.1%程度です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/11/01-372409.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

輸入食品に関する記事

輸入量の多い『中国産食品』に対する日本の検疫体制は十分?7つの汚染問題

  なぜ検査体制がありながら、農薬過剰の中国産食品が入ってくるのか?  ...

中国産の食品において厚生労働省が新たに規制を設けたこととは?~食の安全~

日本は食料のカロリーベースにおける自給率が36%と低く、諸外国から多くの食品を...


厳しすぎると話題!?日本が定める輸入含む食品の放射能基準

  2011年3月の東日本大震災と福島原発の放射能漏れから放射能に関しては注意...

輸入食品検査で見つかる農薬入り食品はどんなもの?

  輸入食品は日本国内で流通する前に検査を受けています。検疫所での書類検査、地...

カラダノートひろば

輸入食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る