カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 人工甘味料は本当に血糖に影響しないの?

生活習慣病

人工甘味料は本当に血糖に影響しないの?

 

メタボリックシンドロームや糖尿病を気にする方が増えてきたのを受けて、そのような人たちをターゲットにした「カロリーゼロ」「ダイエット~」と表示している飲み物や食べ物が店頭でよく見受けられるようになってきました。

それらの飲食物には様々な人工甘味料が使用されています。では、そのような人工甘味料は本当に血糖値に影響しないのでしょうか?

 

◆様々な「甘味料」の数々

「甘さ」つまり甘味は栄養学的に体のエネルギー源になる「糖」を含んでおり、好ましい味として私達に認識されています。

「甘味料」には単糖類・二糖類、そして低カロリー甘味料として糖アルコール、難消化オリゴ糖があります。

また、「カロリーゼロ」といった表示で使われている甘味料としては、サッカリン、シクラメイト、アスパルテーム、スクラロースなどが挙げられます。これらは清涼飲料水によく使用されています。

 

◆人工甘味料使用の危険性

消化された糖つまりグルコースが消化管から吸収され、全身の血管へと送り出されることで血糖は上昇します。

しかし一方で、低カロリー甘味料である糖アルコールや難消化オリゴ糖は人間の消化管では消化・吸収されないことから、食後の血糖値には影響を与えないとされています。

ただし、これらのような低カロリー甘味料は、人間の大腸内の腸内細菌により発行を受け、脂肪酸へと分解される可能性もありますから、完全なる「カロリーゼロ」とは言えませんので気をつけましょう。

 

低カロリー甘味料などの人工甘味料の使用は、血糖コントロールが必要な糖尿病患者には有効といえるでしょう。

しかし、多用してしまうと甘い味に対する感覚が鈍くなってしまい、より強い甘い味を好むようになってしまいます。

そうなってしまうと、人工甘味料を使用していない食品であっても、ついついより多くの摂取をしてしまい、血糖コントロールを乱してしまいがちになります。

 

 

低カロリー、血糖値上昇に関与しないだろうということで、以上で挙げたような甘味料をむやみに摂取するという食生活にならないように気をつけながら、食事の中に取り入れましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/31-021511.php])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

2型糖尿病の血糖値コントロールに!「サラシア」とは?

    治療薬として期待される「サラシア」とは?   現在、統計によると糖尿病の...

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法 2型糖尿病の治療の柱となるのが食事療法です。体重をもとに1日の...


時には甘いものを食べるのあり?!糖尿病患者が食事療法をする上で気をつけるべき点

糖尿病の治療と言えばインスリン注射、そして食事制限や運動による治療があります...

いま注目!糖尿病患者の人が摂らなければならないビタミンDとは?

    ◆糖尿病とビタミンD   ビタミンDは食べ物からの摂取のほかに、...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る