カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 人工甘味料スクラロースが血糖値やインスリン値を上昇させる?

生活習慣病

人工甘味料スクラロースが血糖値やインスリン値を上昇させる?

 

これまで、人工甘味料は血糖値やインスリン値に影響を与えないと考えられてきました。

しかし、その人工甘味料の一種であるスクラロースが、血糖値やインスリン値に影響を与える可能性があるということが、研究結果で判明しました。

 

◆スクラロースが血糖値やインスリン値に影響を与える?

上記のような結果が得られた研究では、重度の肥満体型の17人を被験者として、スクラロースの影響を調べたそうです。この17人はBMIが42以上もあるという肥満者ではあるものの、糖尿病などの疾患はなく、人工甘味料を日常的には摂取していない人たちでした。

 

まず、被験者の人たちに水またはスクラロースを飲んでもらった後に、ブドウ糖負荷検査(GCT)を受けてもらいました。また今回GCTに使用したブドウ糖の量は、一般的な耐糖試験の場合と同じ程度の量でした。この実験における研究グループの目的は、スクラロースとブドウ糖の組み合わせがインスリン値や血糖値に与える影響を知ることでした。

 

実験の結果、水を飲んだ時よりもmスクラロースを飲んだ時のほうが、GCTにおける血糖値の最高値が上昇していました。さらにそれだけではなく、インスリン値も2割ほど高くなっていました。このことから、スクラロース血中インスリン及びブドウ糖反応の増加に影響を与えたと考えられます。

 

このインスリン応答の増加は、一応は好ましい反応であると考えられます。というのも、血糖値の急増に伴い十分な量のインスリンをきちんと生成できているということだからです。しかし、インスリンの分泌量増加が常になってしまうと、インスリン耐性が増加するため2型糖尿病のリスクが高まります。

 

 

◆人工甘味料が人体に与える影響とは

胃腸やすい臓にも、口の中に存在するのと同じような受容体があり、それが甘みを感知するとインスリンなどのホルモンの分泌量が増えるとされています。さらに、人工甘味料によって腸内の受容体が活性化されてしまうと、ぶっ同等の吸収量が増加するとされています。つまり、人工甘味料インスリンの分泌にだけでなく、様々な影響を及ぼしているんですね。

 

 

ですから、スクロースが使用されている「カロリーゼロ」「ダイエット」などの表記がされている食品の摂取も、適度な量を守らないといけないということですね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/16-006575.php])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

糖尿病患者さんは「原則飲酒禁止」…では、その原則から外れるための条件とは?

  病気を発症するとアルコールの摂取を禁止されることが多いです。では糖尿病の場...

これが新しい血糖値対策!腸内環境と血糖値の関係を考えた、血糖値対策の新常識とは?

   自分の腸内環境について、良いか悪いか分からないと言う方も多いのではないで...


食品交換表を役立てよう!食品交換表をを使った糖尿病のための食事療法とは

糖尿病の治療においては、血糖値の管理が不可欠ですが、その中でも日々必ず行う食...

カロリー制限だけじゃだめ?糖尿病治療にはバランスが大事!肥満と適切カロリーについて

  肥満は糖尿病のリスクを上げます。そのため、特定健診などで肥満傾向がわか...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る