カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. いくらかかるの?人工透析の費用

生活習慣病

いくらかかるの?人工透析の費用

 

糖尿病それ自体はあまり怖い病気ではありません。しかし、合併症を発症してしまうとたちどころに極めて恐ろしい病気になります。

特に3大合併症と言われるものは、重大な症状を招きますから、放置していると命が危険にさらされることも珍しくはありません。

 

また、この3大合併症のうちの糖尿性腎症では腎臓機能を阻害しますから、進行すると人工透析が必要になります。

では、この人工透析を受けるにあたっての費用とはどれほどかかるものなのでしょうか。

 

◆人工透析にかかる費用はいくら?

腎不全になり人工透析を受けるに当たり、週に3~4回は病院やクリニックに通院する必要が出てきます。そしてそれは一生のお付き合いとなり、腎移植を受けない限り中止することは出来ません。

 

そんな人工透析にかかる費用ですが、通っている病院やクリニックによって多少の差はありますが、だいたい1ヶ月に30~100万円ほどと言われています。

驚きの金額ですが、もちろん医療保険で賄われますから、患者さん本人の実質負担額は上限1万円と言われています。ただし、注意しなければいけないのですが、収入の多い人の場合だとこの上限が2万円になるそうです。

 

また、人工透析以外の検査や医療費の上限負担額は2万円とされています。治療の金銭的負担はあまり無いように思われるかもしれませんが、人工透析に費やす時間は1回あたり3~4時間と長いために、思うように仕事ができずに収入が減ってしまう人もいるようです。

 

加えて、人工透析を受けるために医療機関に出向くためにはそれなりの交通費もかかります。そのため、決して負担が軽いとは言えないのが人工透析になります。

 

このように人工透析はお金だけでなく時間的な負担も非常にかかります。

人工透析を受けずに済ませるためにも、糖尿病を発症してしまったら、自覚症状がなくても医師の指示に従って運動療法や食事療法などの治療にしっかりと取り組んでくださいね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010090.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

血糖値の変動に気を付けて!糖尿病治療で気をつけること

  糖尿病にかかってしまうと、患者さんは普段の生活でどのような変化があり、どの...

高齢者の糖尿病…細心の注意が必要な投薬について

  小児糖尿病という言葉があるように、糖尿病は子どもから高齢者まで比較的広い年...


糖尿病より身近な低血糖の危険

  糖尿病と低血糖症 糖尿病は血糖値が高止まりして、心筋梗塞や脳卒中などの危険...

糖尿病患者は断食をしてもいい?してはダメ?断食に伴うリスクを知っておこう

   糖尿病患者の方は、ダイエットが課題になっている方も多いでしょう。ダイエッ...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る