カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病患者でも献血をしてもいいの? 糖尿病と献血との関係

生活習慣病

糖尿病患者でも献血をしてもいいの? 糖尿病と献血との関係

 

食生活の欧米化に伴い、年々患者数が増加している糖尿病。

糖尿病の疑いがある人は日本国内で約700万人にものぼるとも言われているのにも関わらず、実際に糖尿病の治療を受けている人は、わずか200万人程度であるとも言われています。というのも、糖尿病の初期段階では、痛みなどの自覚症状を伴いませんから気付くのが大変難しいんですね。

 

では、もちろん「献血をしたいけど、肥満気味だし糖尿病かもしれないんだけど受けてもいいの?」「やっぱり糖尿病患者は献血をするべきではないよね」と1人で悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

こちらでは糖尿病と献血についてまとめてみましたので、気になる方は是非参考になさってくださいね。

 

◆糖尿病と献血との関係

糖尿病だからといって絶対に献血ができないということはありません。しかし、以下の様な点が引っかかる可能性は十分ありますので注意してくださいね。

 

・献血する側の安全のために

現在、体が不調を訴えている場合など、体調に異常がある場合には当然献血を控えるべきと言えます。

 

また、糖尿病などで動脈硬化が進展している場合、現在異常がなかったとしても採血などの影響によって脳卒中や心臓発作などを起こす恐れがあります。それだけでなく、採血中に低血糖などの発作を起こしても大変ですから、控えるようにしましょう。

 

・輸血を受ける側の安全のために

糖尿病の治療に薬剤(ビタミン剤や一般的な胃薬などを除く)を使用している場合には、献血を控えるべきです。

 

◆献血で糖尿病検査が受けられる

また、献血をした人に無料で実施している血液検査に、糖尿病の疑いがあるかどうかを調べる項目を新たに加えられていることを皆様はご存知でしょうか?

つまり、献血を受けることで糖尿病かどうかがわかるんですね。

 

ですから、糖尿病の早期発見のために献血を受ける際には、わざと食後に献血を受けるのがお勧めです。

 

血液検査などの結果で、「要注意」などの支持が出た場合には、絶対にそのままにして放置せず、すぐに別の検査や精密検査(ブドウ糖負荷検査)を受けるようにしてくださいね。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_4641.html])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

医療費負担を軽減!糖尿病で医療費控除を受けよう!医療費控除とは?

糖尿病の医療費負担の軽減を行うためのいくつかの制度が日本にはあります。合併症...

ちょっとのケガが足の壊疽に…日頃のチェックで予防しよう!

  糖尿病では足の切断という事態が起こることがあります。これは高血糖によって足...


高血糖になる悪循環…シックデイの危険性について知っておこう!

  糖尿病は高くなった血糖値を治すことが治療の目的ではありません。治療は血糖値...

若者がなりやすい!?ペットボトル症候群…入院期間、完治までの期間はどれくらいなの?

スポーツドリンクや炭酸飲料などの飲み過ぎでなるのが、ペットボトル症候群という急...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る