カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 費用 >
  6. 糖尿病検査にかかる費用はいくら?パート1~HbA1c、インスリン分泌の検査

生活習慣病

糖尿病検査にかかる費用はいくら?パート1~HbA1c、インスリン分泌の検査

近年の食生活の欧米化により、日本国内でも糖尿病患者が年々増加しています。生活習慣病の1つであるこの糖尿病は、合併症を引き起こす原因にもなる大変恐ろしい病気ですから、早期発見・早期治療が極めて重要になってきます。

 

そのためにも検査を受けなければならないのですが、検査となるともちろんお金がかかります。その費用はいくらなんだろうかと気になっている方はきっと多いことでしょう。

 

こちらでは、糖尿病検査の費用について簡単にまとめましたので、是非参考になさってくださいね。

 

◆HbA1c

・検査内容

まず、HbA1cは「ヘモグロビンワンシー」と読みます。これは血液検査だけでわかる簡単な検査になります。血液検査を受ける前の1~2ヶ月の平均的な血糖値の状態を判断する際によく用いられます。

 

血糖値に比べ、直前の体の状態や食事などによる影響を受けにくいですから、食事をした後でも受けることが可能です。糖尿病の状態や、治療の効果などを判断するのにも用いられる重要な検査とも言えます。

 

・費用

500円。ただし3割負担の場合ですと150円で済みます。

 

◆インスリン分泌

血中インスリン濃度(IRI)

血中cペプチド濃度(CPR)

 

・検査内容

いずれも血液検査で測定可能です。血糖を下げるために必要なインスリンが、すい臓から十分に分泌されているのかどうかを検査します。

 

食事の影響を極めて受けやすいですから、最後に食事をしてから10時間以上経った状態で血液検査を行うことが望まれますので、ご注意下さい。

 

・費用

1,100円。ただし3割負担の場合ですと330円です。 

 

糖尿病検査では、以上の2つに加えて糖負荷試験という検査が主に行われています。糖負荷試験の検査方法や費用については「糖尿病検査にかかる費用はいくら?パート2」で詳しくご紹介したいと思いまます。 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用に関する記事

知っておきたい糖尿病検査とその費用

糖尿病は早くから治療に取り組めばそれほど大きな制約を受けることなく生活できる...

糖尿病検査でかかる費用は?また献血を上手く活用しよう!

  ◆糖尿病か悩むくらいなら検査を 生活習慣病の代名詞とも言える糖尿病。...

カラダノートひろば

費用の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る