カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 治療・薬 >
  5. QOL(生活の質)を大事にした片頭痛の治療法・注意点

頭痛

QOL(生活の質)を大事にした片頭痛の治療法・注意点

片頭痛の治療では薬による治療だけではなく日常生活の注意も重要と言われています。

自分が求めるQOL(生活の質)を大事にしながら片頭痛を治療するポイントを見てみます。

 

食品は頻度と時期に注意

片頭痛の原因となる血管拡張作用のある食品にはワイン、チーズ、ハム、チョコレートなどがあり、いずれも馴染み深い食べ物と言えます。

これらの食べ物を食べるのが好きという方の場合は片頭痛を誘発する食品をゼロにしてしまうとQOLが阻害されます。

 

そのため、ゼロにするのではなく頻度と時期に注意してワインやチーズを楽しめばよいのです。

具体的に言えば女性は排卵期と生理直前を避ける、毎日でなく2-3日に1回の頻度で少量を楽しむなど無理のない範囲で行いましょう。

 

気圧変動の起きやすい場所を避ける

片頭痛もちの方のQOLを阻害しやすい状況として旅行が挙げられます。旅行だけではなく帰省などで遠くに行くときも含みます。

乗物の中で注意したいのは飛行機と新幹線の窓際席です。飛行機も新幹線の窓際も気圧変動を受けやすいので避けましょう。

移動は車、船などで行うのがベストですが飛行機を使いたいときには血管拡張食品を避けて、酔い止め薬を飲んでおきましょう。

 

ストレス緩和も重要

片頭痛は重症であればそれ自体が末期がんと同じくらいのQOL阻害度と言われており、ストレスが溜まるのは必至とも言えるでしょう。

そのことから、片頭痛でQOLを下げないためにストレス管理を積極的に行うことも大事なポイントのひとつです。

 

QOLを阻害しないように片頭痛の治療を行うにはまず血管拡張食品の頻度や時期を見直すのが有効です。

その他に、帰省や旅行で長時間の移動をするときには気圧変動の少ない乗り物や場所を選ぶのも有効です。

これなら好きなものを食べたり、旅行に行ったりしてある程度QOLを守れます。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●腕をひねると片頭痛(偏頭痛)が治る?辛いこめかみの片頭痛のセルフ緩和法

 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

『妊娠中の頭痛の対処法』また、妊婦の片頭痛による胎児への問題はあるの?

妊娠中はなぜ頭痛になってしまうのでしょうか。そこには、妊娠しているからこその...

治療薬でも治まらなかった、長年の頭痛が消える?!驚くべき『マグネシウム』の有効性

片頭痛の起こる原因には、いくつかの仮説がありますが、近年最も有力視されている...


鍼灸で片頭痛の治療を!

    頭の片側がズキズキと激しく痛むためにグッタリと寝込んでしまい何も出来...

片頭痛の自己注射療法の副作用にはどんなものがあるの?

  薬を飲むときには副作用を知っておかなければなりません。薬の本来の作用の他に...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る