カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 前兆・予兆 >
  5. 片頭痛の前触れである首・肩コリはどれくらい持続するの?

頭痛

片頭痛の前触れである首・肩コリはどれくらい持続するの?

 

片頭痛には予兆、前触れと言われる症状が存在します。予兆・前触れは片頭痛の1-2日前に起きる症状です。

 

●首・肩コリが急に来る片頭痛

片頭痛の前触れのひとつが首・肩コリで、特徴的なのは片頭痛が起きる1-2日前に急に来るということです。

これは片頭痛の仕組みの仮説のうち、三叉神経説である程度説明できます。

片頭痛の前触れで起きる首・肩コリは三叉神経の炎症がかかわっており、三叉神経の炎症は日常的に起きているものではありません。

そのため、片頭痛の少し前になって急激にひどい首・肩コリがやってくるのが特徴となるのです。

同じように首・肩コリと関係性の深い緊張性頭痛の場合には普段から首・肩コリがあり、慢性的な症状であるという違いがあります。

片頭痛の場合は緊張性頭痛と関連している首・肩コリよりもはるかに強い、急激にドーンと来るような首・肩コリが来ることが多いです。肩が上がってくるような痛みとも言われます。

 

●首・肩コリは1-4日続く

片頭痛と首・肩コリは三叉神経が結びつけている症状と考えられ、三叉神経の炎症作用が治まるまで片頭痛とともに首・肩コリに悩まされる可能性も高いです。

一般的に片頭痛の発作は4-72時間と言われているので、首・肩コリが前日から始まるとすれば1-4日間は首・肩コリの症状も出ると予測されます。

緊張性頭痛を引き起こす慢性的な首・肩コリなら温めるのが有効ですが、片頭痛を伴う場合は冷やした方が良いです。

また、光や音の刺激を最小限にして生活するように注意してください。

 

片頭痛の前触れとして起きる首・肩コリは長ければ4日程度続くことも予測されます。

三叉神経の炎症作用が治まって片頭痛も治まるまでは頭痛と首・肩コリの両方に悩まされる可能性が高いです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/10/31/06/15/man-203356_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆・予兆に関する記事

最近首や肩がこる…片頭痛の前触れの可能性が!頭痛とコリの深い関係と予防法

  首・肩コリは現代人とは切っても切り離せない存在とも言えます。特にオフィスワ...

眠くなくても出る「生あくび」は片頭痛(偏頭痛)の前ぶれ?

  緊張するような場面では絶対に避けたいあくびですが、自分の意思とは裏腹に出てし...


目がチカチカする…これって偏頭痛の前兆??

  立ち上がったときや、朝起きて立ちくらみになったとき… 目がチカチカし...

片頭痛の前触れ!むくみやだるさはいつ起きる?

  片頭痛の前兆を感じるという方は少なくはありません。実際に片頭痛になる前には...

カラダノートひろば

前兆・予兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る