カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 基礎知識 >
  5. 発作性片頭痛が慢性片頭痛になるメカニズムを知ろう

頭痛

発作性片頭痛が慢性片頭痛になるメカニズムを知ろう

 

片頭痛には2日に1回以上、3カ月以上の期間にわたって起きる慢性片頭痛とそれよりも頻度が低い・期間が短い発作性片頭痛の2つがあります。

最初から慢性片頭痛ではなく発作性片頭痛から徐々に慢性片頭痛に移行していく場合が多いのですが、どのように移行するのかのメカニズムを見てみます。

 

●末梢や中枢の伝達物質異常が慢性化

医療法人寿会・富永病院で頭痛センター長を務める竹島多賀夫氏のシンポジウム発表『片頭痛はなぜ慢性化するのか?』によると、慢性片頭痛の発症には以下のことが考えられるそうです。

片頭痛発作の時の中枢の炎症や脳を過敏にする物質が慢性化することで発作性片頭痛が慢性片頭痛に変化します。

具体的には末梢と中枢の受容体、神経回路の状態、大脳白質病変(大脳深部にある白質の異常)などが慢性化と深くかかわっているようです。

 

●3割程度が慢性化

日本国内に840万人いると言われる片頭痛の患者ですがそのうち慢性化の恐れがある・慢性化しているのは3割程度と予測されています。

つまり国内だけで慢性片頭痛の患者が250万人はいるという計算になります。

何度も発作性片頭痛を体験することによって脳内の神経や痛みの感じ方に異常を引き起こして、最終的に慢性片頭痛となってしまうのです。

 

●薬物乱用頭痛のリスク

神奈川県にある東内科医院によれば『急性期治療薬の使い過ぎによって慢性化した片頭痛は、すべての慢性片頭痛の半分程度と予測される』とのことです。

急性期に月に15回以上片頭痛の薬で対処しているという場合は薬物乱用頭痛の危険性が高まってしまいます。

 

発作性片頭痛が慢性片頭痛になるには脳内の神経伝達物質や神経の炎症が慢性化するメカニズムが関係しています。

国内ではすべての片頭痛患者のうち3割程度は慢性片頭痛に将来的に悩まされる、もしくは現在悩まされていると考えられます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/10/02/man-219928_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

「片側だけが痛むから片頭痛」は大間違い!正しく知ろう、片頭痛

    片頭痛と言えば読んで字の通り、頭のどちらか片方だけがズキズキと痛む、...

片頭痛が起こる原因はセロトニンにあり!~片頭痛とストレスの関係~

  片頭痛の起こる数時間前から1~2日前に「頭痛が起きるかも」という予兆を感じる...


毎日をリラックスして過ごすために…片頭痛とセロトニンの関係

  原因不明で起こる、つらい片頭痛。その一因がセロトニンではないか?という...

片頭痛が変身する!? 変容片頭痛

    片頭痛がずっと続くと、そのうちに他の頭痛の症状が現れたり、主な症...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る