カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. >
  5. 「うっ血性皮膚炎」を予防するにはふくらはぎがキーワード

美容・ダイエット

「うっ血性皮膚炎」を予防するにはふくらはぎがキーワード

 

 

足の血流が悪くなることは、日常生活の中でもよくあることです。足の血流が悪くなると様々なトラブルが生じますが、その症状が皮膚に出てくるのがうっ血性皮膚炎です。

 

うっ血性皮膚炎が生じると、足の皮膚に様々なトラブルが生じるようになってきます。これは足の血流障害が原因になって起きるものですから、足の血流障害を予防することが、うっ血性皮膚炎の予防になります。

 

 

ふくらはぎの筋肉を鍛える

 

足先から心臓に帰ってくる血液は、ふくらはぎの筋肉が動くことによって血流が促進されます。そのためふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)という筋肉の量が少なかったり、筋力が足りなかったりすると、十分に血流を促す効果が得られません。筋肉量の少ない女性や、年配の方は注意が必要です。

 

ふくらはぎの筋肉を使う

 

鍛えるということ以外に、日常的にふくらはぎの筋肉を使っていあげることも重要です。積極的にふくらはぎをトレーニングするのでもよいですが、生活の中の身体活動で極力ふくらはぎの筋肉を使うようにするのがよいでしょう。特に歩くときに意識してふくらはぎを使うようにしましょう。ハイヒールなどの靴は避け、スニーカーなどの靴をはき、かかとから着地して親指を使って地面をけり出すようにします

 

長時間ふくらはぎを動かさないことを避ける

 

立ちっぱなし、座りっぱなしの状態では筋肉が動かないままになってしまい、緊張して固くなってしまいます。仕事柄ふくらはぎの筋肉を動かすことがあまりないという場合でも、足首をまわしたりすることでふくらはぎの筋肉を動かすことができますので、意識して動かすようにしましょう。

 

 

特に筋肉量の少ない方や、高齢の方はふくらはぎに意識を向けてあげるだけで、うっ血性皮膚炎の予防につながります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/11/06-383675.php?category=34])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

移動中が要注意! ~旅行中のむくみケア

  足がむくみやすいシチュエーションに、旅行などの長距離移動があります。 ...

足が太いのはむくんでいるせい?足のむくみをセルフチェック

  最近、足が太くなった気がする…と、気になっていませんか? それは太っ...


「ただのむくみ」の先にある「うっ血性皮膚炎」

  血流と皮膚の健康というのは、密接に関係しています。皮膚は血液が適切に栄養を...

うっ血性皮膚炎の治療法とは?

  女性が生じやすい足の血行不良はむくみなどの症状だけでなく、皮膚炎と言った症...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る