カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. >
  5. 筋肉を鍛えて「うっ血性皮膚炎」の予防

美容・ダイエット

筋肉を鍛えて「うっ血性皮膚炎」の予防

 

足の血流が滞ることによって起こるのが、うっ血性皮膚炎という疾患です。これは血流の滞りによって皮膚症状が出るものですので、予防するためには足の血流障害が起こらないようにすることが重要です。

 

 

筋肉を動かして予防

 

足の血流の滞りには、ふくらはぎの筋肉が大きく関係しています。ですから、ふくらはぎの筋肉量が十分で、日頃からきちんと動かすことができていればよいのです。筋肉が関係することですから、適切に筋肉を動かしたり鍛えたりすることで、うっ血性皮膚炎の予防効果を得られます。筋肉を動かすのは、階段の昇り降りといった日常的なものから、屈伸運動、かかとの上げ下げといったちょっとした時間にできるもの、ジョギングや水泳といった方法など様々な方法が考えられます。

 

筋肉を鍛えるという意味での予防

 

うっ血性皮膚炎を発症する人は、女性の数が男性の数の約3倍いると言われています。中でも、30~60歳代の出産経験のある女性が多く発症しているようです。この理由の一つに、女性の筋肉量の少なさ、そして足の筋肉をあまり使わないということがあります。ですから、特に女性は普段から意識して、ふくらはぎの筋肉を鍛えるようにしましょう。筋肉を形成するたんぱく質を適切に摂ってふくらはぎを鍛えることで、筋肉の量も筋力も上げることができます。

 

筋肉を動かすという意味での予防

 

ふくらはぎの筋肉が動くことによって、足の静脈は心臓に血液を送り戻すことができます。ですから、上記のような運動によって筋肉を動かすこと自体に、血流を促進するという意味がありますので、うっ血性皮膚炎の予防に効果的です。

 

 

特に普段から足のむくみが気になるような場合、もしかしたら病気の入り口に立っているかもしれません。ただのむくみだと思って放置せず、日々むくみを解消し、血流のよい足になるように変えていきましょう

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/09-006257.php?category=34])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

うっ血性皮膚炎の段階に応じた治療

  血の巡りが滞りやすい場所としては、足が挙げられます。足の血の巡りが滞ること...

どうして下肢に血液が溜まってしまう?その理由と血液の流れについて

本来、空気より重いものは、重力によって地面へと落ちていくのが自然です。しかし、...


血流を改善!うっ血性皮膚炎の治療について

  血液は体の各部分に必要なものを届け、不必要なものを受け取って捨てる役割があ...

毎日コツコツ食事から♪むくみ解消の食生活

  むくみ解消に有効なのが、食生活の見直しです。 1日3食、コツコツむく...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る