カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痛・胃の荒れ >
  5. 胃腸労りレシピ☆落とし卵とキャベツのお味噌汁

気になる病気・症状

胃腸労りレシピ☆落とし卵とキャベツのお味噌汁

 

キャベツは、傷ついた胃腸の粘膜を修復するためのに必要なタンパク質の新生を助けます。味噌のタンパク質は発酵によってアミノ酸に分解されるので消化によく栄養価も高く胃腸のトラブルに強い味方です。

 

*落とし卵とキャベツのお味噌汁*(2人分)

  

【材料】

 キャベツ・・・2枚

 卵・・・2こ

 玉ねぎ・・・小1/2こ

 にんじん・・・10g

 水・・・カップ2¹/₂

 ほんだし・・・小さじ²/₃

 味噌・・・大さじ2

 

【作り方】

  1. キャベツは縦4~5㎝幅に切って重ね、横1㎝幅に切る。
  2. 玉ねぎは横半分に切り、縦に1㎝に切る。にんじんは細切りにする。
  3. 鍋に水を入れ、2の玉ねぎ、にんじん、ほんだしを入れ混ぜて中火にかける。
  4. 煮立ったら弱火にし、フタをして5分程煮る。
  5. フタをとってキャベツを加え、1分程煮てしんなりしてきたら味噌を入れ、ときのばす。
  6. 卵をボウルなどに割り、鍋に静かに落とし入れフタをして2~3分煮る。

 

キャベツ特有の成分は、ビタミンUでキャベツから発見されたので、別名をキャベジンと呼ばれ胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にする働きがあり、抗潰瘍作用もあり胃潰瘍や十二指腸潰瘍に働き、脂肪肝も予防します。

鶏卵は、ビタミンA、D、鉄、カルシウム、リンなどを多く含み、栄養面からみて理想的なタンパク質食品ですがコレステロールは多く、1日のコレステロール摂取量が400mgに対し1個が250mgなので、年齢、他の食品との食べ合わせなど考えて献立を工夫したいですね。

 

(Photo by:著者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痛・胃の荒れに関する記事

中脘のツボで胃腸を活性化!

  胃の中に食べ物を入れすぎると、胃が大きくなりすぎて胃液と食べ物をうまく混ぜ...

空腹時のタバコとコーヒーは胃に悪い?アルコールは?胃潰瘍に繋がる症状を知ろう

寝起きのコーヒーとタバコが習慣になっていませんか?胃潰瘍は中年以降の男性に最も...


荒れている胃の修復を助ける食べ物はこれ!

  胃が荒れているとき、気持ちが悪くて吐くということを繰り返しているような場合...

荒れた胃の修復を助けるために抑えるべき食事のポイントを3つ

胃が荒れてしまったときに胃の修復を促すためには、どのように過ごせばよいのでし...

カラダノートひろば

胃痛・胃の荒れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る