カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. 基礎知識 >
  6. 日本人の死因第4位!どうして肺炎の死亡率は高いの?

気になる病気・症状

日本人の死因第4位!どうして肺炎の死亡率は高いの?

 

肺炎の死亡率は現在日本の死因全体の第4位。どうして肺炎の死亡率はそれほど高いのでしょうか?

 

■減ってきた死亡率が再び上昇?

かつて、明治から大正、昭和初期にかけて、肺炎は死因の第一位を占めていました。しかし戦後、昭和30年代に入ると急速に低下、人口10万対100~400だった死亡率は30にまで減少しました。ところが、昭和55年頃から肺炎の死亡率は再び上昇し、平成22年には94.1になりました。

 

ここには年齢的な大きな違いがあります。

 

昭和10年頃では、肺炎による死亡は乳幼児と中高年で高く見られましたが、現在では高齢者で高く、肺炎による死亡者の96.5%が65歳以上と言われています。

 

特に80歳以上の高齢者の肺炎による死亡率は高く、人口10万対1,120となっており、85歳以上では10万人あたり年間2000人以上が肺炎で死亡し、1日当たり200人以上が肺炎で治療されていると推定されています。

 

■死亡率の上昇は高齢化によるもの

年齢別に肺炎による死亡率をみると、65歳を境にぐんと死亡率が上昇することがわかります。


●肺炎による人口10万対年齢階級別年間死亡率(2003年)
・15~19歳:0.4
・25~29歳:0.5
・35~39歳:0.8
・45~49歳:1.6
・55~59歳:6.1
・65~69歳:21.4 *ぐんと上昇!
・75~79歳:111.3 *さらに一気に上昇!
・85~89歳:593.3 *死因の3位に!
・90歳以上:2913  *死因の2位に!


つまり、規則正しい生活や高い基礎体力により、心疾患や脳血管疾患にならなかった健康な高齢者が、加齢の結果として肺炎を患い、それが死因となっていることがうかがえます。

 

抗生物質の登場やワクチンにより、肺炎で命を落とす乳幼児や中高年は少なくなりました。一方で、超高齢化社会となり、長生きする人が増えたことによって、肺炎の死亡率があがっているというわけです。

 

超高齢社会となった日本は、これからも高齢化が進み、平成72年には65歳以上の高齢者が占める割合は39.9%に達すると見込まれています。脳血管疾患が減少し、がんの治療も日進月歩の今日、肺炎の死亡率はさらに高まっていくと考えられます。

 

 

肺炎の高い死亡率だけをみると、恐ろしい病気が増えているようにも感じますが、実際は、健康に長生きできている人が増えているということでもあるのですね。

 

Photo by://www.ashinari.com/2009/02/04-013378.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

男性の高齢者に多い?肺炎にかかりやすい人の原因

  肺炎は大きく分けて、市中肺炎と院内肺炎に分けられます。このうち市中肺炎とは...

間質性肺炎や肺線維症に効果!『水素吸入療法』とは?肺の病気の治療法

間質性肺炎とは、肺胞のまわりの壁の部分が何らかの原因で炎症を起こし、硬化と萎縮...


ウイルス?細菌?肺炎を引き起こす「インフルエンザ菌」とは

インフルエンザと聞くと、冬場に流行するあのインフルエンザを思い浮かべますが、...

肺炎予防のためにもインフルエンザ予防を!インフルエンザ肺炎について

肺炎は日本人の死因の第4位。肺炎を引き起こす原因はさまざまですが、そのひとつに...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る