カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 軽く見てはいけないことも…ピンポイントの貨幣状頭痛

頭痛

軽く見てはいけないことも…ピンポイントの貨幣状頭痛

自分は片頭痛持ちであるという人は、日本ではそう少なくないと思います。原因不明の頭痛のことを、総称のように片頭痛と呼ぶことがありますが、実際感じている日常的な頭痛が片頭痛ではないこともあります。

 

ピンポイントで感じる頭痛

片頭痛は頭の片方だけが痛くなると、理解をしている人もいるかもしれませんが、実際は頭の片方だけではなく両側に起こることもありますし、後頭部に痛みが起こることもあります。

 

片頭痛の痛みの箇所はその時ごとに変化する場合もありますし、痛みを感じる場所は頭の右側、左側で表されるように、はっきりとした範囲は決まっておらず広範囲に及びます。

 

しかし、頭痛の中には片頭痛と同じように、原因不明であらわれ時間が経つとおさまるという頭痛なのに、片頭痛とは一線を画す頭痛があります。

それは貨幣状頭痛というもので、片頭痛とは異なり硬貨くらいの範囲がピンポイントに痛み、毎回同じ場所が痛くなります。

 

 

一次性の貨幣状頭痛

貨幣状頭痛は、多くは一次性の頭痛です。何らかの原因によって脳に知覚を伝えている、三叉神経痛が生じているものと考えられています。

一次性の貨幣状頭痛は、片頭痛や緊張型頭痛に併発していることもあり、医師であっても見逃してしまうことがあると言います。

 

 

一部は二次性の貨幣状頭痛

貨幣状頭痛の一部は、二次性の頭痛であることがあります。二次性の貨幣状頭痛とは、何らかの具体的な原因があって頭痛が生じているということで、例えば痛みを感じる部分をMRIなどで調べてみると病変が見つかったり、頭部の手術後に手術の影響で痛みが生じていたりします。

 

二次性の場合、頭蓋に何らかの小さな病変が関与することがあるので、決して軽く見てはいけない部分があります。

 

ただの片頭痛だと思っていても、痛みの感じ方が違う箇所などの気になる痛みがあるのであれば、一度しっかりと調べてもらった方がよいかもしれません。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●耳の奥の痛みは緊張型頭痛が原因?~緊張型頭痛に多い症状~

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

緊張性頭痛と片頭痛は真逆の仕組みで起こっている!

日本人の頭痛に圧倒的に多いと言われているのが緊張性頭痛と片頭痛です。   ●緊...

何が原因で頭痛が起こる?原因(きっかけ)から考えられる頭痛の3タイプ

あなたの頭痛は何が原因で起こりますか?わかりやすいのはパソコンの使い過ぎや疲...


頭痛の記録をつけることが大事?頭痛の診断方法

  頭痛の診断方法を説明します。   ●基本は問診頭痛の診断の基本となっている...

危険な頭痛を見逃さない診断

軽い頭痛や強い頭痛。頭痛の診断は非常に重要になります。頭痛診断の流れについて...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る