カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 子供 >
  4. 子どもの片頭痛に見られる3つの特徴

頭痛

子どもの片頭痛に見られる3つの特徴

 

子どもの片頭痛に見られる3つの特徴を見ていきます。

 

●嘔吐
子どもの片頭痛には嘔吐がみられることが多いようです。
吐き気や嘔吐を伴う片頭痛は小児片頭痛の2割ほどになるとも言われています。
いきなり顔面蒼白になり、嘔吐するので注意が必要です。
前日にあまり睡眠を取れなかったとき強い光や音で刺激を受けた時など片頭痛を誘発する因子があるときには、エチケット袋を持っておいた方がよいです。

 

また、片頭痛持ちでなおかつ乗り物酔いしやすい子は、乗り物に乗るときにもエチケット袋を少し多めに持っておいた方がよいです。

 

●腹痛
嘔吐と同じように腹痛が起きることもあります。
小児周期性症候群と呼ばれているもののひとつが『腹部片頭痛』で腹部の痛みと片頭痛が症状として現れます。

 

少しお腹が痛いかなという程度ではなく、動けないくらいに腹部が痛みます。
このようなときにはまずゆっくり休ませてやってください。
仰向けになった状態で膝を曲げると腹部が楽になります。
嘔吐するようなときは嘔吐した内容物を飲みこまないように注意してください。

 

●めまい
子どもの片頭痛に見られやすい特徴の3つ目がめまいです。
突然回転めまい発作があらわれ、その場に上手に立っていられなくなります。
軽度の場合は数分で回復しますが、子どもによってはめまいが数時間続くこともあります。
めまいと同時に片頭痛のズキズキとしたひどい痛みが来るのでこのようなときには授業には参加できません。
学校にいるときは保健室に行くように教えてあげてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/05/23-336995.php)

著者: あーさんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子供に関する記事

将来どうなるの? 片頭痛の子どもの予後について

  片頭痛になったお子さんをお持ちの方は、将来どうなるかについてご心配の方...

赤ちゃんの頭痛のサインとは

赤ちゃんは言葉をしゃべることができないので親がサインに気づいてあげる必要があ...


頭痛持ちの子が学校に配慮してもらうために

慢性頭痛、ストレス性頭痛など、頭痛持ちの子は学校生活を送るのが大変なときもあり...

いつか片頭痛になるかも? 小児周期性症候群

        小児周期性症候群   小児周期性症候群は国際頭痛分類...

カラダノートひろば

子供の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る