カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. リウマチの早期発見は難しい?陰性でもリウマチが発症!

関節痛・腰痛

リウマチの早期発見は難しい?陰性でもリウマチが発症!


◆はじめに~リウマチとは~

初期症状としては手指の関節が腫れるといったことが挙げられますが、次第に全身の関節にも症状が現れ始め、徐々に全身の関節を壊していくのが関節リウマチになります。ですから、症状が進行していくと日々の生活に支障をきたし始めます。そして、最悪の場合にはベッドで寝たきりの生活になることもあります。

 

病気の始まりは40代女性に多いですが、10~80歳代の幅広い層の人間は発症する病気です。また、女性だけに限らず、男性の患者さんも少なくはありません。

 

 

◆リウマチの診断方法

関節リウマチ血液検査とその人に生じている症状によってリウマチか否かが判断されます。

例を挙げるとすれば、手足の関節だけでなく体に痛みを訴えている人が、病院に行きそこで血液検査を受けたところ「リウマトイド因子が陰性」でした、という場合でもリウマチではなかったと安心することが出来ないということです。

というのも、リウマチが発症した最初の頃は陽性反応が出にくい場合が多いからです。

 

◆検査で陰性でもリウマチは発症する

ですから、同じ検査を数ヶ月後に受けてみたらリウマトイド因子に陽性反応が出たというケースも決して稀ではありません。

逆に、他の検査をしていて偶然発見されたリウマトイド因子の陽性があったとしても、健康に何の支障もなければリウマチ患者ではない、ということになってしまうでしょう。

 

このことからもわかるように、関節リウマチはとても診断が難しい病気であると言えます。

ですから、症状を訴えたところで専門医でなければリウマチかどうかはわかりにくいのではないのでしょうか。

 

また、内科の病院で血液検査をしてもリウマチ因子が陰性だったために、風邪による体の痛みだと誤診されるケースも度々あるそうです。整形外科ではレントゲンで見ても関節にも骨にも異常がないということで、痛み止めの薬が処方されるだけでしばらく様子を見るなんていうことにもなってしまいます。

 

このようなことで早期発見が遅れてしまうのはとても残念なことです。

なので、リウマチの症状だと思ったらできるだけ早くリウマチの専門医に診察してもらうことをお勧めします。

 

(イラスト by: [(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_8850.html])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事


リウマチの根本治療! 3種類の抗リウマチ薬と生物学的製剤について

病気の治療は根本治療と対症療法の2つを基軸とする場合が多いです。根本治療は名...

最近注目のリウマチ治療薬「生物学的製剤」とは?どう使う?効果は?

  リウマチの治療薬として、最近生物学的製剤に注目が集まっています。この生...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る