カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 関節リウマチの血液検査でかかる費用ってどれくらい?

関節痛・腰痛

関節リウマチの血液検査でかかる費用ってどれくらい?

まずはじめに、関節リウマチとは膠原(こうげん)病の中で、最も発症率の高い病気の症状です。病気の始まりは40歳代女性が最も多いですが、10~80歳代の幅広い層の人間が発症し、男性の患者さんも少なくはありません。

 

全身の関節の痛みと腫れが顕著に現れ始め、特に朝目が覚めた時などは両手指の関節が腫れ、強くこわばるために動かすのに苦労します。

 

病院に行かずに放置していると症状は進行し、関節が変形して動かなくなったりすることも珍しくはありません。患者さんの約8割が良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、次第に状態が悪化していくタイプになります。

 

◆早期発見のために血液検査を!

そんな恐ろしい病気である関節リウマチですが、早期発見と炎症を抑える治療を継続することで骨の変形や悪化を防ぐことができます。早期発見のためには血液検査が欠かせません。

 

また、その血液検査ではリウマチ因子(リウマトイド因子)の値を測定するのですが、リウマチ因子とは自己免疫抗体のことを指します。これが血液中に存在すれば高確率でリウマチか否かを見極めることが可能です。

 

◆自己免疫抗体とは

体に害を及ぼす物質の侵入に対して、それに対抗して体が起こす反応のことを免疫反応といいます。この免疫反応は、通常は自分の体の組織を敵とみなして起こることはありません。

 

しかし、何らかの異常により自分の体の組織を攻撃してしまうことを自己免疫といいます。その抗体が自己免疫抗体なんですね。

 

◆自己免疫抗体の検査方法とその費用

この自己免疫抗体の検査方法にはRAテスト・RAHAテスト・RAPAテストといったいくつかの種類があります。

 

・検査費用

検査費用はだいたい1000円未満が相場となっています。ただしこれは健康保険3割負担での目安になります。ですから、健康診療以外の場合では4~5倍の開きがありますので気をつけて下さい。

 

・所要時間

5分程度と極めて短い時間で終わります。

 

・痛みの程度

採血などの検査程度の痛さですから、痛みのない検査と言えます。

 

このように、リウマチの検査は費用や時間が余りかからず、また痛くもありませんから「リウマチかもしれない…」とお悩みになっている方は、病院に検査を受けに行かれてみてはいかがでしょうか?

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

飲んで効く!新しい抗リウマチ薬ゼルヤンツ

  関節リウマチの治療薬として、新しい薬「ゼルヤンツ」が注目されています。...

リウマチかどうか?検査方法~血液検査・尿検査・関節液検査・レントゲン検査

 リウマチかどうかはいくつかの検査と問診によってわかります。血液検査・尿検査...


関節リウマチの治療に使われるアザルファジンの特徴

  関節リウマチは身体の免疫系の病気で、関節の腫れや痛みを伴う病気です。こ...

リウマチに悩む方の強いミカタ!つらい痛みを和らげる2つのお薬とは?

リウマチの治療の基本と、痛みを和らげるために使われる2種類の薬、ステロイド薬...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る