カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. その他の障害・外傷 >
  5. スキーやスノボーで注意!頭や首の外傷&強打した時確認すること

気になる病気・症状

スキーやスノボーで注意!頭や首の外傷&強打した時確認すること

スキーやスノボーは根強い人気のあるスポーツです。
天然の雪以外にも、草スキーや人口スキー場などが充実してきており、今では日本全国で楽しめるのが人気の秘訣でしょう。
しかし、スキーやスノボーは、日常生活や身近なスポーツとは違い、危険なスポーツでもあります。毎年スキー場での事故が後を絶ちません。
まずは、どんな外傷があるのか?特に危険な頭や首の事故についてお話します。

 

頭部や首の外傷を負った場合

 

スキーやスノボーは、スピードや滑る場所によってとても危険な状況となります。
そういったときに転倒すると、衝撃はすさまじくなるものです。

頭部を強く打つと、一瞬意識を失うというケースが多いです。4~5分で意識を取り戻したとしても、まだ危険な状態です。
但し、一度元気になっても約24時間の注意と観察が必要とされます。
まれに数ヶ月を経過した後の頭痛や手足の麻痺などの異変があった場合は、頭の中に出血をし血液がたまっている可能性があるので、すぐに病院を受診しましょう。

 

頭を強く打った場合に確認すること

・頭痛
・悪心
・嘔吐
・呼吸の有無
 以上のことがないか確認します。
硬いところにぶつけた場合などは、頭蓋骨の骨折も考えられます。
頭を打った場合は、体や特に首などを動かさないように注意しましょう。
そしてスキー場であればパトロール隊やスタッフに声をかけます。到着を待つ場合は、上着などをかぶせ、保温をしてあげることも必要です。

 

ケガを防止するために最低限できること

●準備運動を行う
スキーやスノボーは寒さの中で行う運動です。もちろん体調が悪いときなどはオススメできません。
また、しっかりとウォーミングアップやストレッチを行います。
雪山までの移動が車中というケースが多く、疲労が溜まっていることが考えられます。
ゆっくりと休憩をとったうえでスキーやスノボーを行いましょう。
 
●コースの選択
難易度の確認は重要です。自分の技量に合ったコースを選びましょう。
スキー場のスタッフに確認し、決して無理をしないようにしましょう。
 
●用具点検
自前の用具の場合の用具点検は、要チェックです。
スキー場レンタルの場合は点検をされていうことがほとんどですが、念のため確認しましょう。
また、初心者の場合は装着方法が正しいか、スタッフに聞いてみましょう。

ケガを防止するためにも、肌の露出部分を最低限に抑えましょう。
帽子は当然かぶらなくてはなりません。小さい子供の場合は、ヘルメットがあると安心です。
ファッション性の優先よりも、安全面からの配慮が必要です。

 

スキーやスノボーは危険性の高いスポーツでもあります。ルールを守り、正しく行いましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/02/08-345303.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の障害・外傷に関する記事

スキーやスノボで凍傷になってしまったら…凍傷の予防・処置方法を知ろう!

スノースポーツのケガというと、骨折や捻挫などが多いですが・・・凍傷も気をつけま...

ゲレンデでケガをさせちゃった!相手の怪我、道具の破損 自分の怪我…こういう時は?

ウインタースポーツは、老若男女問わず人気のスポーツです。スキーやスノーボードなど...


スキーでのケガを防ぐ簡単ストレッチ!スキーやスノボーで痛めやすい○○をストレッチしよう

  スキーでのケガを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか? それは、スキー場で...

受傷・急性期から回復期まで~脊髄損傷の救急処置や治療について~

交通事故、スポーツでの怪我などで多い脊髄損傷。もし、自分自身が、家族が、友人...

カラダノートひろば

その他の障害・外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る