カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 2~3歳 >
  5. 赤ちゃんとの外出、チャイルドシートは何を選んだらいいの?

育児・子供の病気

赤ちゃんとの外出、チャイルドシートは何を選んだらいいの?

赤ちゃんと一緒に車でお出かけするには、チャイルドシートを取付けなければいけません。しかしメーカー別・タイプ別のさまざまな商品があって迷ってしまいます。どんな基準で選べば良いのでしょうか。

 

【チャイルドシートの義務化】

※概要(道交法第71条の3第4項より抜粋)

自動車の運転者は、幼児用補助装置(チャイルドシート)を使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない

 

2000年4月に道路交通法が改正され、事故が起きた時の安全確保・子供の運転者への妨害行為を予防する目的から、チャイルドシートの取付けが義務化されました。

尚、違反した場合には罰則はありませんが、行政処分(免許停止など)の基礎点数が1点追加されます。

尚、タクシーに乗る際は取付義務が免除されますが、安全確保のためには抱っこひもを装着して乗るのが望ましいです。

 

【タイプ別チャイルドシート紹介】

①乳児用ベビーシート

対象:0か月~1歳(10kg未満)

首が据わっていない新生児から使用可能。衝撃から身を守るため、横向き・後ろ向きで使用します(リクライニング機能でベッドのように仰向けに寝られるタイプもあります)。種類によってはベッド部分を取り外せる、持ち運び可能なタイプ(お部屋でロッキングチェアとして使えるなど)もあります。

助手席だと衝突時に作動したエアバックに押されて、チャイルドシートごと飛ばされる危険があるため、必ず後部座席に取付けて下さい。

 

②幼児用チャイルドシート

対象:10か月~4歳(9~18kg)

首が完全に据わった幼児から使用可能。5点止めのハーネス(肩・腰・股)で固定するタイプが一般的です。

 

③学童用ジュニアシート

対象:3歳~10歳(15~25kg)

背もたれつきのものと、座面だけのタイプがあります。安全面を考えると背もたれつきのタイプが良いでしょう。チャイルドシートと違って3点止め(肩・股)のものが多いです。

 

メーカー毎に多少の違いはありますが、新生児~7歳ごろまで体格に合わせて形状を変えながら使えるロングユースタイプもあります。機能が高いと値段も比例しますが、取付義務の期間は6歳までなので、ある程度長く使えるものが良いかも知れません。

 

~冬は着せすぎると窮屈かも~

冬は風邪をひかないように、外出時はとくに気を使います。しかしベビー服を重ね着させた上にアウターを着せるとモコモコになって、新生児用のベビーシートの幅では窮屈になってしまう場合もあります(筆者の長男はぎゅうぎゅうです)。アウターを脱いでシートに座らせ、ブランケットをかけてあげても良いでしょう。ベビーカーでも使えるお出かけ用のブランケットも売られています。

 

 

(イラスト by 筆者)

著者: kaoruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

2~3歳に関する記事

旅先のホテルで出来る!子どもを飽きさせない簡単ゲーム☆おつかいゲーム・キッズカメラマン

旅行へ行くと、旅先のホテルでゆっくりまったりしたいものです。しかし子どもがいる...

外出先でワガママを言わないで!子どものグズりは事前に○○が効果的!

お子さん連れでの外出。お子さんにとっては近所のスーパーに行くだけでも十分楽しい...

2~3歳の体験談

初めてのイチゴ狩り

3月はイチゴ狩りの季節です! 普段からイチゴが大好きな息子のために、休日朝一で車で1時間半かか...

お買い物の時の大事な約束

お兄ちゃんが小さい時は、カートに乗せてスーパーでお買い物をしていたのですが、 大きくなり歩...

カラダノートひろば

2~3歳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る