カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. その他の障害・外傷 >
  5. スキーやスノボーで起きやすい関節等の外傷 どういう怪我が多いの?

気になる病気・症状

スキーやスノボーで起きやすい関節等の外傷 どういう怪我が多いの?

スキーやスノボーは人気の高いスポーツです。冬になると多くの人たちが、スキーやスノボーをしに雪山へ出かけていきます。

しかし普段スポーツを行わない人が行うと、思わぬ怪我を招くこととなります。
日頃から体を動かす習慣をつけておくことが必要です。

また、一番多いのが腕や足の骨折や捻挫の事故です。どういう事故が多いかご紹介します。

 

●骨盤
急激に体をひねると、骨盤の部分に痛みが出ることがあります。また、スキーで足を大きく広げ、歩く体勢骨盤の痛みを招きます。
普段動かさない体の特殊な動きなので、腸骨稜骨端症剥離骨折を起こすことがあります。
この場合は安静と治療が必要ですので、痛みが出たら無理をしないようにしましょう。

 

●股関節
転倒後の尻もちで、股関節に痛みがある場合は、大腿骨頸部骨折になることがあります。
歩行はできる人が多く、気づかない人もいます。股関節の脱というケースもありますので、安静にしましょう。

 

●太もも
太ももの強打では、大腿骨の骨折などがあります。

危険なものとしては、激しい痛みや腫れがある時です。下肢の循環傷害を起こしていることがあります。
緊急性を要するものですので、早急に病院を受診しなくてはなりません。

 

●膝
スキー中のケガの中で一番多いのが膝です。膝の靭帯損傷軟骨損傷が多いようです。

 

●ふくらはぎやすね
膝から下の下腿の外傷で一番多いのは、骨折です。
その理由としては、スキーブーツの上端が支点となり骨折することが多いからです。
ビンディングの調整を正しく行いましょう。

 

●肩
肩鎖関節や腱板の損傷、鎖骨や上腕骨骨折、脱臼が多いようです。

 

スキーはこのように全身の外傷の危険がつきものです。
ケガをせず楽しく行うためにも、正しくスキー用具を装着し、ルールを守りましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/02/08-345296.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の障害・外傷に関する記事

スキー場で自分がぶつかって事故が起きてしまった時の示談のすすめ方、過失割合は?

スキー場で接触事故!しかも自分がぶつかって相手をケガさせてしまった…!!よく...

スキーやスノボーを楽しむためにはケガをしないこと! スノースポーツを行う際の心構え

スキーやスノボーは楽しいスポーツです。しかし、楽しいだけではありません。スキ...


最悪の場合、壊死が起こるコンパートメント症候群…症状とその治療法は?_

  上肢つまり腕や手と、下肢つまり太ももやふくらはぎ、足に生じる疾病にコンパー...

後遺症とは違う、後遺障害…受傷後の身体障害認定で重要になる"後遺障害のレベル"とは?

  脊髄損傷というと、重大な体の障害が残るというイメージがあると思いますが、必ず...

カラダノートひろば

その他の障害・外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る