カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 毎日ぴったり同じ時間に起きる?目覚まし時計頭痛

頭痛

毎日ぴったり同じ時間に起きる?目覚まし時計頭痛

 

一般的に知られている頭痛と言えば、やはり片頭痛や緊張性頭痛があります。
その他に最近では俳優が自身のかかっている病気として発表したことで群発頭痛もよく知られるようになってきました。
一方で、まだほとんど知られていない頭痛もあります。

 

●目覚まし時計頭痛とは
知名度が低い頭痛のひとつが目覚まし時計頭痛です。
目覚まし時計頭痛とは、目覚まし時計のように毎日決まった時間に頭痛が起きるというものです。

若年層にはあまり見られず、患者の多くは60歳以降の方です。

びっくりするほど正確に頭痛が来るので、最初は何事かと思う方もいるようです。
症状は10年以上続き、夜中に目覚まし時計頭痛が起きるタイプの方は不眠症に悩まされることもあります。
日中に起きたとしても日常生活の妨げになるのが問題です。
頭痛の持続時間は2時間以内が一般的で、ほとんど毎日同じ時間に頭痛が起きます。

 

●目覚まし時計頭痛の原因は
目覚まし時計頭痛の原因はどうやら生体リズムと関係があるようです。
生体リズムがある時間を刻むと血管を拡張させる働きが自動的に起きるために目覚まし時計頭痛も引き起こされると言われています。
さらに詳しい部分については今後研究がさらに進むでしょう。

 

●目覚まし時計頭痛の対処法は
目覚まし時計頭痛の対処法の一つが寝る前にコーヒーを飲むということです。
コーヒーでなくとも、カフェインを摂取すれば目覚まし時計頭痛は解消されるということがわかっています。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/02/07-357636.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

頭痛と一緒に起こる随伴症状とは

  ある症状と一緒に起こる症状のことを随伴症状と呼びます。頭痛にも随伴症状があ...

風邪で頭痛が収まらないとき…髄膜炎の可能性もある!

頭痛の中には背後に危険な病気が潜んでいる場合もあります。それが二次性頭痛と呼...


【ヘルペスに慣れている人も要注意】死亡率20%のヘルペス脳炎

  皆さんはヘルペス脳炎という病気をご存じでしょうか?   「ヘルペス」と...

軽く見てはいけないことも…ピンポイントの貨幣状頭痛

自分は片頭痛持ちであるという人は、日本ではそう少なくないと思います。原因不明...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る