カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期症状・兆候 >
  4. 妊娠超初期症状 >
  5. 子宮膣部びらんと間違えないで!~着床出血の特徴とその時期~

妊娠・出産

子宮膣部びらんと間違えないで!~着床出血の特徴とその時期~

着床出血とは卵子と精子が受精して受精卵となり、それが最終的に子宮内膜に着床するときに周囲の血管を傷つけることで起こる少量の出血をいいます。

 

着床出血の仕組みと起こる時期

卵管で受精した受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら子宮に到着し、受精から約1週間後に着床します。着床するときに、受精卵は子宮内膜にめり込むように入っていきますので、その時に出血が伴うことがあるようです。

 

着床出血が起こる時期は、排卵が終わって黄体ホルモンが多く分泌されはじめる時期、つまり子宮内膜が着床準備のために分厚くなっている時期で、月経のはじまる1週間ほど前になります。

 

着床出血に伴う症状

着床出血は、特に腹痛などの痛みをともなわない出血です。ですが、着床出血と時期を同じくして乳房の張りを感じることが多いようです。生理不順の人は、生理と間違ってしまうこともあるかもしれませんが、生理の出血と比べて着床出血は出血量が少なく、血がまじった茶色いおりものがでます。

 

出血期間には個人差があり、2~3日で治まる場合や、1週間ほど続く場合もあるようです。あまりにも長く不正出血が続く場合は、他の原因が考えられますので、医療機関をすぐに受診した方がよいでしょう。

 

着床出血と間違いやすい「子宮膣部びらん」

着床出血と間違いやすい症状のひとつに、「子宮膣部びらん」があります。子宮膣部びらんは病気ではなく、子宮頸管の上の方の腺上皮が子宮頸管の外側の方まで飛び出している状態をいい、腺上皮は表皮が非常に薄く衝撃に弱いため、少しの刺激で出血する原因となります。

 

子宮膣部びらんの場合、生理の周期にかかわらず、特に性交渉などで刺激が加わった後に出血するのが特徴です。おりものの量が増えたり、茶色っぽくなったりすることもあります。ほとんどの場合、何もしなくても出血は止まりますが、もし何度も症状を繰り返したり、炎症をおこしてしまったりした場合は治療が必要になります。

 

着床出血は妊娠の判定要因にはなるかもしれませんが、それだけで妊娠を断定することはできません。また、他の疾病が隠れている場合もありますので、特に痛みがある場合、出血が大量の場合や長く続く場合は、なるべく安静にしてすぐに医療機関を受診しましょう。

(※着床出血という言葉は、正式な医学用語ではありません。)

 

(Photo by://medical.i-illust.com/

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠超初期症状に関する記事

妊娠発覚前起こった症状!タバコを吸ったら気持ち悪い…

「おしえて!妊娠初期体験談コーナー」でお寄せ頂いた体験談の紹介です。「りえ ...

【妊娠超初期】ある人ない人それぞれ!着床出血の正体はコレ

  「着床出血」とは、受精卵が着床した際におこる出血のことをいいます。インター...

妊娠超初期症状の体験談

妊娠が発覚したときの症状!副さん式や茶おり

今回は私が妊娠に気がついたときのことをお話したいと思います。私は妊活をはじめて4ヶ月目に妊娠すること...

痒みのない発疹!!妊娠超初期症状について!

妊娠に気がつく前に起こった体の変化はたくさんありました。 色々あった体の変化で妊娠には気がつかず、...

カラダノートひろば

妊娠超初期症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る